この世界は金じゃない。

俺は高校をやめた。

理由としては、見てくれが悪かったために、学校で起こる問題は全て俺のせいになった。

やってもないことの罪を俺に被せ、解決したかのように振る舞う。

教育とは。
学校とは。
社会とは。

わからなくなりました。

俺はもちろん、こんなことやってらんねえ!
ってことで辞めた。

これで俺は自由だ。
通信制で、とりあえず高卒はしよう。
自由の身だ。

しかし違った。

昼から居酒屋で焼き鳥を焼くバイト生活。そこに向かう途中、社会的権力者に職質される。

これからなにすんの?

バイトだよ。

まぁ、こんな生活は続き、俺は見事にブラックな人間になる。

これは違う時に詳細を書こうと思う。
今回の問題はそこじゃあない。


人生はお金じゃない。ということ。

16.7歳にして、月に10万以上稼いでいた。
周りは部活動をしているため、お金はないけど毎日充実していた。

普通の高校に入っている友達と、昼に電話すると、電話の向こうからチャイムが聞こえてくる。

このチャイムの音は、一生忘れない。

俺はなにしてんだって。
俺にはなにができんだって。
脳がないから解決はできない。

みんなは今度合唱祭でさ、、、
とか
文化祭準備だるくね、、、
とか

いやいや、めっちゃ羨ましいよ!!!

なにもねえよ!
金しかないよ!!

たしかにはした金かもしれないけど、高校生で10万越えは多いよ。

それでも心はまったく満たされなかった。

人間の感覚的な部分で、お金じゃ買えないんだよね。

満足ってなんだよ。

毎日働くことか?

安定して、収入得ることか?

そうじゃない。

いかに人と人で楽しいねって毎日言えるかでしょって。

あの時に僕は学んだんです。


そんな俺は今、。

続く。

著者の橋口 幹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。