社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について5 大学受験、大学編

1 / 5 ページ

前編: 社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について4 高校編③

社会不安障害(SAD)と闘病中の男です。

病気について、発症、今までの経緯に関しては、ストーリー1を読んでいただけるとご理解できると思います。

http://storys.jp/story/15553?to=story&referral=profile&context=author_other

出版社の選考に通ったので、2017年8月に著書『ぼくは社会不安障害』を彩図社より出版。


大学受験 浪人or受かった大学へ入学 どうする?

高校3年生になり症状が悪化し、十分な勉強ができなかったので、自分の現在の学力を知るため模試を何度か受けました。

MARCHレベルの大学には行きたい、特に明治大学に進学したいと思っていました。校風や実家から通うのにも便利で、就職も努力をすればある程度安定した企業に入れると考えてえていたからです。

今になって思えば、当時の社会の常識だと思われていたレールの上をただ走っていく、そんな浅はかな考えだったと思います。

模試の結果は、明治、立教、法政、合格C判定。

日本大学、専修大学はBやC判定でした。

現状では、MARCHレベル、特に第一志望の明治大学への進学は難しいと思いました。

社会不安障害の症状で学校の授業は満足に受けられず、予備校にも通えなかったので、

体調の良い時に自宅で必死に勉強をしていました。

しかし、受験直前の最後の模試でも結果は、変わりませんでした。


過去問題集をやっていて、明治大学は当日の問題内容によってはなんとかギリギリ行けるかもしれない、日本大学、専修大学は症状が出て試験を受けられないなどの状況にならなければ合格ラインだろうと思いました。

自分の行きたい学校を受けなければ悔いが残ると思ったので、

明治大学、法政大学、そして日本大学、専修大学を受験しました。

試験当日は、社会不安障害の吐き気や腹痛の症状が出ることがあったので、精神安定剤を多めに飲んで試験を受けました。

結果は、明治大学、法政大学不合格。日本大学、専修大学は合格でした。

結果を受けて冷静に自己分析をしました。日本大学、専修大学の両校に合格したのだから、そのレベルの学力には達している。

1年間浪人して再チャレンジすれば、明治大学にも行ける可能性は十分にある。

しかし、1年間勉強しても社会不安障害の症状で試験を受けらなかったら、今合格している大学にさえも行けないことになる。

浪人するか、手続きギリギリまで迷いましたが、病気で試験が受けられなくなってしまえば全てが無駄になってしまうと考え、専修大学の経済学部へ入学することを決断しました。

そしてあっという間に高校の卒業式になりました。休みがちで欠席日数はギリギリでしたが、なんとか高校は卒業することができました。

そして、充実した大学生活を送れるよう願い、大学の入学式を待っていました。

 

■大学入学 孤独なキャンパスライフ 非リア充生活 ランチメイト症候群 

4月になり大学入学を迎えました。入学式は日本武道館で行われました。

中学、高校みたいに孤立した学生生活ではなく、今度こそ充実したキャンパスライフを送るんだ。そんな思いを胸に登校しました。

みんなの読んで良かった!