生まれて18年コミュ障ぼっちが進んだ道

1 / 11 ページ

昔の私は

人と話すとき緊張してきょろきょろしたり

心の中では「どうしよう」「何話せばいいんだろう」

全く分かりませんでした





小学生では

友達は全然いませんでした。

放課後すぐに家に帰って

一人でゲームするのが日課でした。


この時はゲームは楽しかったんですが

友達と楽しそうに話をしている人を見て

「楽しそうだな~」「自分も友達できないかな~」

と思っていました。



でも、もともと人見知りの私は

「話しかける勇気がわかないな~」

「何話せばいいんだろう???」

何一つわからなかったです。


中学生になるときは

「勇気を出して自分から話しかけてみようかな?」
「友達できるといいな~」

という感じでした。

 

もし友達がいっぱいできたら

「一緒にゲームしたりいろんなことがしたい!」
そう思ってました。



そう思いながら
中学校に入学したんですが

思ったようにいきませんでした。


クラス分けが発表されて

クラスの色んな人と

勇気をだして話しかけようと思っていたんですが

人見知りが出てしまい、

誰一人話しかけれなかったんです。


「この人に話しかけよう!」と

一度は思うんですが

なぜか喉あたりで言葉が詰まって

みんなの読んで良かった!