生まれて18年コミュ障ぼっちが進んだ道

1 / 4 ページ

昔の私は

人と話すとき緊張してきょろきょろしたり

心の中では「どうしよう」「何話せばいいんだろう」

全く分かりませんでした





小学生では

友達は全然いませんでした。

放課後すぐに家に帰って

一人でゲームするのが日課でした。


この時はゲームは楽しかったんですが

友達と楽しそうに話をしている人を見て

「楽しそうだな~」「自分も友達できないかな~」

と思っていました。



でも、もともと人見知りの私は

「話しかける勇気がわかないな~」

「何話せばいいんだろう???」

何一つわからなかったです。


中学生になるときは

「勇気を出して自分から話しかけてみようかな?」
「友達できるといいな~」

という感じでした。

 

もし友達がいっぱいできたら

「一緒にゲームしたりいろんなことがしたい!」
そう思ってました。



そう思いながら
中学校に入学したんですが

思ったようにいきませんでした。


クラス分けが発表されて

クラスの色んな人と

勇気をだして話しかけようと思っていたんですが

人見知りが出てしまい、

誰一人話しかけれなかったんです。


「この人に話しかけよう!」と

一度は思うんですが

なぜか喉あたりで言葉が詰まって

出てきませんでした。





頭の中で、どうせ話しかけても

「その後の1対1の会話の方法が

全く分からないし良いやっ!」


と言い訳をして現実から逃げました。
でも、こんな私にも

話しかけてくれる人はいたんです!


「話しかけてくれた!うれしい!」

「1人目の友達ができるかも!」


なんて思っていました。

 

でも、小学校で

全然会話をしていなかったので

話しかけられても「うん」「〇〇だよ」「だね」

なんてそっけない返ししかできなかったです。


これはだめだな。

「何話せばいいんだよ!」

「会話難しいよ!話題が全く思い浮かばない!」

テンパりました。


一人でテンパっていたら先生が来て

小学校と同じように

自分から話しかけることができず、

会話もうまくやり取りができなかったので

友達はできませんでした。



「なんだまた友達できないんだ」

「もう無理して友達作ろうとしなくていいや」


そんなことを考えていました




休日は友達もいないので

ポケモンなどのゲームをして

一人で楽しんでいました。


学校では

何もしていないのに

「あの人怖くない?」

と言われていました。


「なんで何もしていないのに

怖がられないといけないんだ!」



あげくの果てには

ちょっと目立ってしまうと


「なにあいつ?」「だまれよ」



とひそひそ話が聞こえてくる始末。


これが1年続いて

「もうこんなことを言われたくない」

「なんで何もしてないのに

悪口言われないといけないんだ」

ずっと周りの人を憎みました



2年生になるクラス替えが始まって

「やっとこの悩みから解放される!」

そう思っていました。



でも私の人見知りが改善されなくて

「話しかけられない。」

「何も話題が思いつかない」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。