書かないと、わからない時もある。

1 / 3 ページ

人生プラン、あなたは捨てることができますか?


まずはじめに、これは私が就職活動を振り返り、今強く思うことを将来忘れないために書き留めるものである。なかには理解できないとか、いや自分はそう思わないと思う人も大勢いると思うが、いち就活生が、10ヶ月かけて見つけた「いまの答え」ということを、お解りいただきたい。


私は小学生の頃から、「私の大好きなじゃがりこは、なんでこんなに皆も好きなんだろう?」とか、「どうして私の好きなおかしは、おかし売場にあったりなかったりするのに、何でカルビーのコンソメパンチは、いつも同じ所にあるんだろう?」なんて考える子だった。(今思うと、ちょっと気持ち悪いw)


そして「いつか、自分もたくさんの人を笑顔にできる商品をつくりたい」という漠然とした夢ができた。


その夢は大学へ行っても変わらず、いつしか将来の仕事は「マーケッター」とか「プロダクトマネージャー」になりたいと思い、それを実現すべく就活を行った。




計画は完璧だと思った。




大学の学部もゼミも、将来につながるものを選び続け、関連する学問を5年近く勉強してきた。

マーケティングを学ぶために1年半のアメリカ留学もした。

アメリカでは、知り合いのスタートアップ企業でマーケティングインターンも経験した。




当時、プロのマーケッターになるには外資系消費財メーカーだ!と思っていた私は、「こんなまっすぐにこの分野に興味を持ってやってきたヤツなんか早々いないだろう。私なら、絶対に受かる。」なんて根拠のない自信を持っていた。



そして、これらの企業に行けば、計画通りプロのマーケッターになれる、夢が叶えられると信じた。












しかし結果は、目指していた企業のどこからも内定を貰うことはできなかった。






みんなの読んで良かった!