障害者と健常者が仲良くなるためのイベントを企画したキッカケ

1 / 3 ページ

僕は今、「ショーガイ者×ケンジョー者 大交流フェスティバル ~キッカケ大作戦!~」というイベントを企画している。

これは障害のある人と障害者の友達がいない人の「出会いの場」となることを目的としたイベントです。http://chari-cos.endswell.net/

出会いって大切だと思うんだ。

というのも、僕は以前、当事者の方が健常者と障害者のことを

「あっちの世界」「こっちの世界」

と表現をしているのを耳にしたことがあります。

誤解を恐れず言わせてもらえば、・・・確かに、現状、「国境」はあるのかもしれない。

でも、もし、そうなら、僕は国境を超えてみたい。

その先にいる人々と交流して、僕が知らない何かを知っている人々とふれあってみたい。

だから僕は「あっちの世界」と「こっちの世界」で交流する機会を設けてみようと思ったんです。


で、このイベントを始めるには、こんなキッカケがあったんです。

~~~~~~~~~~~~

昨年末のこと。
 大学時代の恩師と久々に逢った。
その日は楽しく談笑しながらの近況報告ができているつもりだった。

だけど、彼女(恩師)は気が付いていたんだね。
 僕が自分の事業を軌道に乗せるのに手こずり、心が疲弊してしまっているのを。

後日、彼女はすっごく忙しい人だというのに僕を訪ねてきてくれて、なんやかんやと僕の世話を焼いた後、帰り際、「温泉でもいきなさい」といってそっと手に封筒に握らせてくれた。

ずっしりと分厚い封筒。
そこにはなんと50万円入っていた。

50万円・・・。

電車の中で泣いた。

事業を始めてからというもの、たかられたり、のせられたり、踏みにじられたり、もう、誰も信じられなくなるくらい、人の汚さに触れた。

汗かき、恥かき、べそをかき、義理までかいて「それがビジネス」と教えられた。

僕はただ、車いすユーザーにはズボンのお悩みがあるということを聞いて、それでふと思いついたアイデアを形にしたら、それがとっても好評だったので、じゃあ、たくさんの方にこのズボンを「選択肢」の一つにしてもらえたらいいなあ、と、たったそれだけの思いで事業を始めた。

だから、前々から「いつかビジネスの世界に乗り出そう」みたいな感じで準備を進めてきたわけじゃなかったし、何の勉強のしてこなかった。

みんなの読んで良かった!