ダウン症の妹と私


これはダウン症の妹をもつ私の今迄のおはなしです。
これを読んで少しでも多くの方が障害を理解し、また障害をもった兄弟のことを、恥ずかしいとか嫌だとか思う方にとって自慢の兄弟となればいいなと思って書きました。

初めて妹について説明されたのは確か小学校2年生だったと思う。
生まれたとき、3歳まで妹が皆とどこかが違うということが分かりませんでした。
体の小さい子はいるし、言葉があまり喋れなくても、小さい子は皆そうだと思っていたので、全くきにならなかった。
いま振り返ると、確かに顔には特徴があったが、周りにダウン症の子がいなかづたのでわからなかった。

著者の山本 真由さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。