ジャーマンポテト

懐かしい味 ジャーマンポテトとの馴れ初め

きのうFacebookで食卓に載ったジャーマンポテトを見て突然思い出しました。

平成2年頃の事です。

当時、私は大分市に住んでいました。

大分市中央町、JR大分駅から徒歩5分の商店街の中にその居酒屋は有りました。

入り口は古い感じの建物でした。

中に入ると暗い感じで洋風の酒樽と1㍍位の鉄板の焼き台が印象的でした。

夕方の6時過ぎに行くとお客さんは数人の常連客がいました。

その店の主人は60歳を超えた女性でした。

ビールを頼むのが私の一番の好みです。

ビールサーバーからビールを注いで運んでくれます。

ビールの注ぎ方には拘りがありお客は勝手にビールを注ぐことは許されません。

上手な数名のお客が注ぐことを許されていました。

私も許されるようになった客の一人です。

ツマミは鉄板焼きが主体でした。

私はソーセイジとジャーマンポテトがお気に入りでした。

ソーセージ盛り合わせは3種類のソーセージがお皿に乗っています。

マスタードを附けて熱いソーセージを口元に運ぶ、噛むと肉汁がジュワーと出てくる

口の中が美味しさでイッパイになります。

そしてビールを口元に注ぎ込む、幸せの瞬間です。


ジャーマンポテトは客の居ない時に作り方を教わりました。

じゃがいもは事前に茹でて置きます。

材料は、じゃがいも、玉ねぎ、ベーコンです。

じゃがいも大は1個、小なら2個の皮を剥き、押し潰します。

玉ねぎ半分を短冊切りにします。

ベーコンは1センチに切ります。

鉄板に油を敷き玉ねぎ、じゃがいも、ベーコン、バター、塩コショー。

全体的に熱が通るまで待ちます。店では道具を使い蒸し焼きにしていました。

玉ねぎに火が通ったら混ぜ合わせます。

皿に盛られたジャーマンポテト熱くて美味しかった。


この店は以前は小倉(福岡県)で営業していたのを20年前に

移築して大分に持って来たとの事でした。

だからチョッピリ暗く感じたのです。

歴史のある佇まいと、おつまみ最高の雰囲気で飲むお酒、

今は少なくなった昭和の贈り物。

満喫した日々でした。


又、ジャーマンポテト作ろう・・・




合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の江藤 清己さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。