恋人がいる女が高校からの女友達を好きになった話



高校生だった自分はクラスの女友達のことを急に意識しだしました。 
その子とは三年間同じクラスで他に話す相手もいなかったから一緒にいたくらいで特別仲良くなかったんです。プライベートで遊ぶこともなかったし、メール送りあうこともあんまなかったし。 
しかも自分には中学3年から付き合った年上の恋人がいる。 
なのになぜか毎日その子のことを考えてしまう。 
おかしいとおもって、勘違いとおもって必死にそんな感情を消しました。 
1ヶ月くらい経ったら落ち着いて、やっぱり勘違いなんだって思いました。 
でも他の友達といるときとその子といるときとはなんだか自分のなかでちょっとちがうなっておもっていました。 


それで高校卒業してからもその子とその子の仲のいい友達(小学校からの友達)と遊んでもらったりしてすっごく楽しかった。 
私、あんまり友達多いほうじゃないので(笑) 

卒業してからも半年に一回は飲み会に誘ってくれたり。 

それでなぜか一昨年くらいからやっぱり好きなんだ。これは勘違いじゃないんだ。と急に思うようになっていき、何故か知らないけどその友達と初めて二人で遊びました。 
すっごく楽しくて。 
それでなんでかしらないけど帰りに告白しました。 
友達に気持ち悪がられるかとおもっていましたが全然そんなことなく、嬉しいと言ってくれました。 
そのときは告白するだけで良く、なんだかすごく気持ちが楽になりました。 
それで、女友達が 
(私の名前)さんが勇気だして言ってくれたから私も勇気だして言う。 
とその子にとっての秘密を教えてくれました。 
なんだかすごく仲良くなれたみたいですごく嬉しくて。 

それから、いままではほとんど二人で遊んだことがなかったのにそれがきっかけで遊ぶようになりました。 
それから去年の夏くらいに気持ちがどんどん抑えられなくなり友達に付き合ってほしいというようなことを伝えました。 
前は好きっていって、もっと仲良くなれたかんじがするから嬉しいって。でも今は貴女と付き合いたいって思ってる。って。 
そしたら、友達もいいよと言ってくれました。 

それから数日後にまたドライブに行ったときに、帰り際にキスをしました。 
嫌なら言ってと言ったけど「嫌じゃないよ」と言ってくれたのでそのまましました。 
それでまた少し仲良くなれた。嬉しいって思えたんです。 

でもそれから付き合ってるかんじもなく、キスの件もなかったみたいになってて(笑) 
まぁ会えるだけで嬉しいからいいかなとはおもっていました。 

それで、去年の12月頃。 
いつもやっている忘年会に参加しました。 
いつものメンバーではなく、女友達、その友達(昔から仲の良い)、私の親友、私の四人でした。 
私の親友には女友達が好きなことは言っていて色々相談にのってもらったりもしていました。 

それで皆でお話していると女友達と、仲の良い子が何か話していて(別に隠してるわけでもなく)よくきいてみると、女友達の彼氏?好きな人?の話みたいで。 
その場ではニコニコ笑って、適当に相槌うってましたが内心「え…なにそれ…?」みたいなかんじで。 
それで忘年会が終わって親友と帰ってるときに、「なんかふっきれたわww彼氏か好きな人でもできたんかなwww」みたいこと言って帰り、おうちで泣きましたwwwwww 



それから年明けて今年の1月の中旬くらいにその女友達から急に「話きいてほしいな。ドライブつれてって」みたいなメールがきました。 
滅多にその子からは連絡がこないのでびっくりしてすぐにその子のところに向かいました。 
その子は半分泣いてて車に乗ってしばらくしてから話しだしました。 

12月はじめくらいに出会い系で知り合った人と関係をもった。 
最初は遊びのつもりだったのにだんだん本気になってきた。 
最初は彼からいつも連絡がきてたのに最近はほとんどこない。 
もう体の関係を求められるだけの関係みたい。 
でもすごく好きでこの人と一緒になりたい。どうしていいかわからない。 
毎日その人のことばかり考えている。なにしても上の空。 
いままではここまで本気になったことなかったからどうしたらいいかわからない。 
と途中からほとんど泣いてました。 

その時に私はとくに否定することもなく話をきいていました。 
皆一緒よ。男と女がわかりあえることなんて作りがちがうんだから難しいんだってば。 
周りに反対されてボロクソに言われても好きなら仕方ないやん。 
と、そんなことを涼しい顔して言っていました。 
内心泣きそうなのに。 
皆同じよといった中には私もだからと言えずに。 

とりあえず一通り話終わって落ち着いた?みたいでその子は帰りました。 
私も帰って泣きました。 
幸せなんだろうなと思い私もふっきれたかんじだったのに、なんなん…。ふざけすぎてるやろ…。とやりきれない気持ちでいっぱいで。 
その頃はもう本当に精神的にひどくてストレス発散したくて変な行動を起こしたり冗談を意味もなくいったり、親友と仕事が終わってから深夜までカラオケで無理やり騒いだり。 
一人でいるともう辛くておうちにもいたくなくて。 
それに辛いときには恋人と話したりしたらすごく元気になれて。 
あぁ、やっぱりこの人しかいないのかなぁなんて思ったりしてだいぶ落ち着いてきてました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。