私と共に立ってくれた人たち

仲間という言葉だけではまだ足りない、


私と共に立ってくれた人たちのことを覚えている。





その人は、特に有名でも実績を積んだわけでもなく、普通の人だった。


普通の仕事をし、普通の趣味を持ち、普通の生活をしていた。


でも彼らは違っていた。


彼らといると、私は何だかいつもよりも暖かくなったし、真剣になった。




彼らはいつも私を見ている気がした。


彼らは常に私の傍にいてくれた。


彼らは私の眺めているものを共に見てくれた。


彼らは私との時間を真剣に過ごしてくれた。




賛同してくれる人もいるだろう。


一緒に喜んでくれる優しい人もいるだろう。


励ましてくれる人もいる。


助けてくれる人もいる。





でも、私を再び立たせたのは、私と共に立ってくれた人だ。


私は万一その人たちのことを忘れても、その人と立っている記憶だけは


覚えているだろう。


そして、例えどこにいってもその記憶をたどって、


もう一度共に立とうとするだろう。 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。