「思考の現実化」を身をもって体験した話

1 / 5 ページ

1。開き直ってみよう!




わたし
好きなことしかしない!!
好きな人としか付き合わない!!


ずっと旅が好きだったわたしは、正社員という安定を捨てて、

常に派遣とバイトというダブルワークに勤しんでいた。

 

しかし30歳をすぎたあたりから、

私はいつまでこんな不安定な生活を続けられるのか?

という不安が常につきまとった。


家族の”不良債権”感がどうしても抜けない。

ひとつ下の弟は立派に家庭を持ち、両親との二世帯住宅を建て、

その家に、2年間沖縄に住んでいた私を帰省後1年もの間住まわせてくれた。


わたし
わたしは一体何をやってるんだろう・・・
結婚もしないで、彼氏もつくらず
自分のすきなことばっかりやって、
親孝行すらできていない。

ここで普通なら、「まっとうな仕事に就こう!」とハローワークなどに通い

正社員になろうとするのかもしれないが、わたしは違った。


冒頭で高らかに宣言した通り、開き直ったのだ。

それまでも、散々好きなことを好きなだけしてきた人生だった。

今さらそんな人生は捨てられない。


好きなことしかしない!
好きな人としか付き合わない!!


私はそう心に決めて、平日の派遣の仕事を契約期間満了とともに辞め、次を探すことをやめた。


週末しかシフトインしていなかった結婚式場のアルバイトだけを

平日も出勤できるようにしてもらい、続けることにしたのだ。

 

理由はひとつ。

行きたい時に「東京へ行くため」


私の送りたいライフスタイルを送っている人が、東京にはたくさんいる。

SNS全盛期の今の時代、地方にいてもそれは十分に伝わってきていた。 


私は会いたいと思った人に

片っ端から会いに行くことにしたのだ。

みんなの読んで良かった!