地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話

1 / 11 ページ

【引越し編】



1。ふられた


まず、私がこの話で伝えたいことを書いておく。

ひとつめは、何かを失うことはこわくないということ。

ふたつめは、環境が変わることもこわくないということ。

みっつめは、付き合う人が変わると世界が広がるということ。


私はあと半年で30になる冬。当時4年くらい付き合っていた彼氏にふられた。



ちょうどその頃、弟の結婚が決まっていた。

私はとにかく気を紛らわせるため、仕事とバイトに打ち込んだ。 


わたし
わたしは、かわいそうじゃない。


自分がそう思っていても、周りは心配してくれる。

30手前で男に捨てられた友達。客観的に見たら、かわいそうだもの。


でも、私の中でその別れは、とてもほっとするものだった。

2年も前から関係は破綻していたが、お互いもはや「情」のようなもので繋がっていた。

私も彼にとって、彼も私にとって、「足かせ」のような存在になっていた。


だから、「彼女ができたからもう連絡してこないで」というメールを見た時に、

「これでやっと終われる」「やっと別れられる」

私はようやく新しいスタートラインに立てた気がしたのだった。


2。初めての沖縄


その直後、私はずっと行ってみたかった沖縄へ、友達と一緒に行くことになった。

別に傷心旅行とかじゃないけど。


沖縄の空気はとても自分に合うと思った。初めて行ったのにそんな気がしない。

私はきっとまた、ここに戻ってくるだろうと思った。


3。2回目の沖縄


2ヶ月後。私はまた沖縄の地にいた。今度の滞在期間は2週間だ。

みんなの読んで良かった!