Love the way you are★つづき

1 / 3 ページ

第2章 人と人

登場人物
1、四季
2、腹の出っ張った女
3、リン

腹の出っ張った女は続けた。
「うん、バイト。全部終わったら20万。前払いで良いよ」
といって、茶封筒の中身のお金を四季に見せた。

四季は心の中で
「なんて危ないやつ。」と。
自分も大概だが。
そもそも初対面で、お互いにタメ口という非常識な人間同士である。

でも、物腰はとても柔らかい女だった。
命をお腹に宿った女性というのはみんなこんなに、、、なんていうか、あれなんだろうか?
そこんとこは、身ごもったことのない四季にはわからない。
そんなことを思っているうちに、また女が口を開いた

「わたしね、マリア様になりたいの」
。。。
また頭のおかしな事を言っている。

女性は人生において必ずクレイジーになる瞬間がある。
その症状は様々だが、男性には理解できない行動を起こす。
今は関係ないけど、ついでに言えば、女性には男性にしか埋められない心の世界もある。

四季はそれに関しては、科学的に証明出来るのではないかと思う。
とは言っても自分で追求する気はさらさらないけども。。自然現象ということで収めておこう。

"普通"という言葉がなんだか褒め言葉に聞こえにくくなった昨今、矛盾が産まれてきた。
世の中は混雑している。
やりたいことをして生きる事にも、普通に生きることにもリスクは同様にある。
だけど、普通に生きている人には通常、上手くすり抜けて生きているから、中々クレイジーな瞬間は訪れない。
いざ、陥ったら脱却するのに相当苦労するだろう。それはそれで現実で。

どっかの誰かが決めた、いかにも確からしい常識だけにとらわれてしまっては、いざという時に動けなくなる。それもまた事実。
そんなものは正直..........ごめん、クソくらえ!!!

とりわけ、こんなどうだっていい解説はこの物語には必要ない。
これはファンタジーだもの。

みんなの読んで良かった!