Love the way you are★つづき

1 / 3 ページ

第3章

登場人物
1、四季
2、腹の出っ張った女
3、リン


次の日の夜8時、四季は言われた通り田端駅へ向かった。
時間通りだ。
改札の前にはすでにあの女が立っていた。

無言で近くに行くと、女は
「こっち」
とだけ言い、四季は言われるがまま近くの喫茶店につれていかれた。
喫茶店に入ると、客の少ない中、不自然なくらい奥の席にスーツをバシッと着た男が座っていた。身長は高めそうで、短髪で、まー"普通"だ。

女はその男の席へ向かって歩いた。
そして男の前に座った。
四季にニコリと微笑みかけ、隣に座るように即した。

四季は様子を伺っていた。
だいたいの状況は誰でも想像できるが。

男は四季を無視し、口を開いた
「おろしてなかったんだ、本当にいろいろ申し訳なかった」

こういう時に男性から出る「いろいろ」という言葉の意味は大概本人が一番わかっていない。
考えようともしていないと言う方が正しいのか。

すると女は返した
「下ろす気はないって言ったでしょ。私は産みます。それから、会うのも今日限りにしましょう」

男は困った顔をしている。どうしようもできない。男にとってはゲームオーバーだ。

次に男は四季を見て聞いた
「君は?」

四季はとっさに言った。
「この女の知り合いです。事情はよく知らないけど、この女ぬ雇われました」

男は、なんなんだ?という顔をしている。
女は、四季の隣で少し笑っていた。

みんなの読んで良かった!