英語嫌いが、偏差値30upし、外国語大学に入学、そして長期留学の後、海外営業マンとして内定するお話。Part1【小学生−中学生編】

あの頃の僕にとってそれは想像すらできないものだった。


僕は英語が大嫌いだった。


小学生5年になると、英語教室に通った。

母「中学から英語始まるでしょ? 塾行きなさい」

僕「はーい」

こんな感じだ。(実際のところ気づいたら塾に入っていた。)


しかし、無理やり勉強しても何も楽しくなかった。

必死でMonday, Tuesday, Wednesday...を覚えた。

しかし、全く持って意味をなさなかった。


強制で受けた英検5級は18点しか取れず不合格。

親も落胆の様子。そして僕はすぐに英語塾をやめた。

僕には関係のないものと思っていたし、外国人とむしろ話したことなどなかったから。


それから中学に入った。中学ではソフトテニス部での3年間がいい思い出だ。

そして、今度は大手の塾に行き、5教科満遍なく勉強した。

中学では極めて普通の成績だった。


中学ではもっぱら暗記物が好きだった。

答えを覚え、それをテスト用紙に記入する。

それだけで、いい成績が取れるから。

一方、国語のような覚えても

自分の日本語認知能力の高さで点数が出るものは苦手だった。

国40/100 数70/100 英70/100 理90/100 社90/100

こんな感じた。


しかし同じ塾で、495点だったと話している秀才たちを目に僕はダメなんだと思った。


そこでも、僕は普通に勉強し、幸い偏差値50の普通の公立高校に進学できた。


著者のB Yukiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。