時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑤

1 / 4 ページ

前編: 時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険④
後編: 時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑥

どんな成果を手にしたのか?

編集部おすすめのストーリーに取り上げて頂きましてありがとうございました。

多くの方にも読んで頂けて嬉しいです。

「読んでよかった」ボタンもありがとうございました。

みなさんのおかげで書けました!

冒険①はこちらから

立ったまま気絶するほどやり込んだことには大きな意味がありました。

残酷な現実と無念さを感じ続けた日々に立ち向かった約300日。

真っ暗なトンネルで先が見通せず、躓きながら進んでいるのか。

戻っているのかわからない不安。

成果とは大学院を無事に卒業できるということではありません。

目指していたものが違うからです。


実は、今までの流れからしたら意外な評価だった時期もあります。

入学当初、春から夏過ぎまで先生に褒めてもらったことがありませんでした。

(特に厳しかったような・・・周りもそう言っていますし。)

例えば、

長野亘孝
1950年から1960年までの10年間について調べてきた課題について発表します。
三品教授
テーマは?もう結構。
長野亘孝
えーーーーーーーーー(一週間調べてきたのに、なんで僕だけ?)

確かに僕はこの時レベルが低かったですが、同期もドングリの背比べなのにナゼ僕だけ聞いてすらもらえないのだろうか?と思っていました。笑

まるで出版社に漫画を持ち込み、表紙を見て「頑張ってください。」と返されるような気分。

どんな風にこの発表が始まるのか。

まずゼミの教室に入ります。

同期が他に2人いて、僕を含め3人でした。

3人で発表するのですが、最初に3人が机の上に作ってきた資料を置きます。

教授が「どれがよくできてるかな?」と確認します。


一番出来の悪い人が最初に発表。

一番出来ている人が最後に発表。

4月から7月までほぼ一番最初でした。


(つまり・・・察してほしい。泣)

このように一面だけ書き出すと怖い教授のイメージですが、事実ではありません。


三品教授はとてもチャーミングで真の教育者を具現化したような先生です。

本気度とオリジナルの成果を求めていました。


他の人にできる「金太郎あめ」的なことでなく、「君にしかできない特別なことは何だろう?どんな可能性を切り開いていくのだろう?」を求めてくれています。


そして、特別なギフトを使った成果を大きく評価をしてくれます。

みんなの読んで良かった!