「魔界ラーメン」

テーブルに運ばれてきたそのラーメンのスープの色は、血液かと思うくらいの色をしていた。
ガキの頃は全然だめだったのだが、27~28 歳ころから辛いものが好きになってきて、今ではタバ
スコや一味唐辛子をたっぷりとふりかける。
周りの人が見たら「この人狂っているんじゃないか…」と思われるくらいだ。
ちなみにCOCO一番では14 倍の辛さのカレーを食べたことがある。
話を戻すが、私はこのラーメンのさらに辛口を注文したのだ。
店員さんがニヤニヤしながら持ってきた。
スープを一口…
ゲホッ、ゲホッ、ゲホッ
いきなりむせた。(誤嚥ではない)
このスープは決してすすってはいけない。
空気と一緒にのどに入ると、むせてしまう。
麺も同様、すすらずに食べないと大変なことになってしまう。
まぁ、それくらい辛いのだ。
さすがに涙が出てきたが、無事完食。
周りの人も驚いていた。
実は今日これからそのラーメンを食べに行く予定です。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。