58人生の岐路 / 仕事を始めて半年

1 / 2 ページ

前編: 57人生の岐路 / 人を巻き込んだ代償
後編: 59人生の岐路 / 大舞台の司会者に抜擢


仕事を始めて、半年が経とうとしています。

いや、正確には7ヶ月です。


転職後就いたのが、2014年11月16日。

かれこれ、半年が経つのか…と思うと早いです!


初めのときは、彼の家から通っていました。

3ヶ月後には一人暮らしを始め、職場から10分の距離を毎日自転車で通っていました。

そして、一人暮らしの期間も終わり、現在は彼と同棲をし、電車とバスを乗り継いで約1時間ちょっと掛かる道のりを毎日眠い目をこすりながら通っているところです。


仕事については、あまり話すことがありません。


ただ、一つ言えることは、転職して良かったということ。


悩みはつきません。


人間関係で悩む事もあります。

前の職場の人たちの方が良かったなと思う事もしばしば。

同期を注意したら、スタッフのBOSSに話が伝わり、すごく嫌われるし。避けられるし。文句言われるし。なんでこんなに嫌な想いをしなければならないのだろうと涙を流してしまいそうなこともあります。


でも、前の仕事に比べたら、刺激がいっぱいなんです!


やっただけ、自分に返ってくるというか。

子供向けの施設だから、相手は子供。

もちろん、自分たちのサービスを買ってくれるのは大人だけど。

面白かったら楽しんでくれるし。面白くなかったらつまんなそうにしているし。

大人と違って、すぐに反応が分かるんです。


特に自分が担当するイベントは、

・イベントの時間に子供たちが集まってくれなかったり、

・途中で飽きてどっか行ってしまったり、

・イベントの後の表情がどこか曇っていたり、

子供の表情や仕草、態度を見て、学ぶ事が非常に多いんです。


これまでのイベント内容を壊す勢いで現在、新しいイベントを企画しては準備・シミュレーション、スケジューリングをしています。


正直、やりたいだけでは務まりませんが、大変な想いをした分、達成感はものすごいんです。

イベント時の子供の表情を見て、ガッツポーズをしてしまったことが何度もあるほどで。


これからも、もっともっと、子供たちの笑顔を増やせるイベントを生み出していきたいですね。

みんなの読んで良かった!