★2★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【ビザ!ビザ!ビザ!】

1 / 2 ページ

前話: ★1★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【子連れ渡英のきっかけ(離婚のハナシ)】
次話: ★3★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【イギリスへ!】

英検で入学願書を出したことは前に書きました。

場所はチェルトナムにあるグロースターシャーカレッジ、通称グロスキャット。



1か月だけど滞在したこともあるから土地勘もあるし、ふふーん♪ なんて思っていたら、留学斡旋会社から電話です。




グロスキャットから


「1歳の息子さんがいるから受け入れることはできない」と。



入学拒否・・・




これは日本でもたまにニュースになりますよね。


学生ビザを持った○○人が不法就労とか行方不明とか。日本国内の話です。



これを懸念してのことです。



学生ビザを発行した大学など教育機関は政府が決めた出席率85パーセントに満たない生徒がいると判断されると、その大学はもうインターナショナルな生徒を集めることができなくなってしまうのです。



イギリスは日本と同じ島国。


移民管理は一つの大きな問題です。


なのでとても厳しい。


数年前の夏にもロンドンのメトロポリタン大学が留学生ビザの発行スポンサーの資格をはく奪され、多くの留学生が勉強できない環境になりました。





当時のグロスキャットも1歳の息子がいる私が子供が具合が悪くなったなどと言ってあまり大学に来ないのじゃないか、ということを恐れての判断でした。






ま、気持ちはわかる。





でも、どーすんのさー!

子供もその気よ?




留学斡旋会社が提案してくれます。




「一つだけ受け入れてくれるカレッジがあります」



どこどこ?




「バーミンガムの近くのダドリーカレッジです。」




バーミンガム。




ええ、行ったことありますよ。




チェルトナムにいたときに、どこか北の方(ヨークか湖水地方)に旅行に行ったときにコーチ(長距離バス)の乗り換えでちょっと降りた町。




私の印象は。



ラフな町。




いい印象ゼロ。



イギリスの高級保養地チェルトナムに住んでいた、というよりそこしかイギリスを知らない私から見たら、ほこりっぽくってグレーな印象の町でした。


単純に、きれいじゃなかった。




その隣町(実際は本当の隣ではなく同じ地域なだけ)のカレッジだという。







うーん。




さっそくググる。




カレッジ自体は悪いカンジしない。




ガラス工芸の専門コースもあるし、アロマのコースもある。



著者の千葉 みおさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。