<明日、あなたの大切な人がこの世からいなくなってしまうなら>




~今日があなたの最後の一日なら~



当たり前は、当たり前じゃない。なんでこんなことを、僕が言うのか。僕自身が、今、体感しているから。



あなたが今日、「お疲れ様」といった相手。


あなたが今日、「ありがとう」と感謝をこめて、いった相手。


逆に、


あなたが今日、「ふざけんな」と怒ってしまった相手。


あなたが今日、「うるせーよ。」と怒鳴ってしまった足手。


そのどの人も、明日もし、死んでしまうとしたら、それでもあなたは、おなじことを言ったり、逆に何かもっと、その人のために言えた言葉、行動はなんだろうか。


長い人生でみた、その出会いは、自分が思っているよりも短くて、あっという間に過ぎてしまう。関わりもなくなってしまう。


だからこそ、


ただの「お疲れ様」だけじゃなくて、一緒にご飯を食べたり。


ただの「ありがとう」じゃなくて、それに手紙を添えたり。


逆に


「ふざけるな」じゃなくて、一旦、冷静になって、一度相手が受け取ったら、二度と取り返しのつかない、言葉を言うんじゃなくて、時には受け入れることだったり。


「うるせーよ」じゃなくて、なんで、そんなことを相手が言うのかを考えて、自分の行動、発言をまずは見直したり。


明日もし、あなたが、こんな風にいえる相手が、この世からいなくなってしまうなら、どんな行動ができて、言えるのか。


今日はそんなことを感じる一日だった。


みんななら、今、この瞬間から、どんな言葉を発するように、行動ができるようにするだろうか。当たり前は、当たり前じゃない。



もっと、相手のために、言えること、できることがあるだろう。



人生を後悔するくらいなら、今があなたの全力を尽くすときで、明日はない。死ととなりあわせになってから気づくのじゃ遅いんだよ。

著者の松元 宏樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。