「金なら払えん」

私は交通違反の反則金を、二度ほど潰したことがある。

いずれも、東京でバイク便の仕事をしていたときだ。

(このとき拳銃と思われるものを運んだのは過去の日記のとおり)

信号無視か、一時停止無視と車線変更禁止だったと思う。

いずれも青キップで、罰金額はそんなに高くない。

が、

その反則金の多くが、警察の天下り先の退職金の積み立てに使われていること

を知っていた私は、非常に不愉快になっていた。

警官:「やっただろ!!」

私:「やっていません!!」

この押し問答でケリがつかなかったため、パトカー内へ。

執拗にキップにサインするように言われたが、絶対にやっていないと言い張り、本式裁判も辞さな

いことを強調。

しぶしぶ警官はあきらめ、「後ほど連絡が行く」と捨て台詞を吐いてパトカーから降ろしてくれた。

(この間1 時間)

上記が、一応、方法だ。

ただし、スピード違反や事故などの証拠に残るもの、また赤キップにはあまり使えない。

警察が本気で悪質とみなして、本チャンの裁判をしてくるかも知れないからだ。

説明が遅れたが、交通違反の場合はたいていが(確か)略式裁判の手続きで、キップにサインした

時点で勝負は決まる。

警察の勝ちだ。控訴も出来ない。

ただし、サインしなければ警察は本式裁判に持ち込むしかなく、公判を維持できるだけの証拠固

めと膨大な資料や書類を用意しなければならない。

一応、ノルマのある警官がこの事態に直面した場合、効率的には次のカモを捕まえたほうが早い。

よって、たいていは不起訴になる。

反則金(罰金)はチャラだ。

ここまではよいのだが、笑えないのは免許の点数を管轄しているのは警察ではなく、公安委員会と

いうことだ。

よって、点数は引かれ、場合によっては免停だ。

これは私も調べたが、不起訴になった交通違反で点数を引かれたと裁判をしても、ほとんど勝てな

いらしい。

誰か、いい情報をもっている人がいたら教えて欲しい。

みんなの読んで良かった!