波乱万丈らしい私の人生 第九回

なんでスト?

3号目は、1月しか作る時間がないと言っても過言ではない。毎年、2月には1回入稿して、2回目の入稿で終了くらいの勢い。今年度は、自分が保育園の卒園式準備で時間が無いことが分かってたから、作るのは3号担当班の委員さん達に任せようと決めていたし、最初から皆にそう言っていた。私は何もしないんじゃなくて、当然会議に出席して、その他の作業をするつもりでもいた。


問題は、12月に起こった。私の所に、副委員長からメールが来た。「3号目は委員全員でしましょう」ってメールだった。

?何で、そんな話がいきなり出てきたの? 全員に連絡する大変さ、土曜日に作業することの困難さ、それが嫌というほど分かってるし、3号目は早くから先生にも記事に使える写真を欲しいとも伝えてあった。確かに、7人ほどで作業するのは大変だと思う。だからと言って、私を理由に、皆に連絡をっていうのは、腑に落ちなかった。第一、副委員長に頼まれて、「私が忙しいので、すみませんけど皆で作ることにしました」って言わないといけないのは私だった。私がそうしたいと思ってないにも関わらずね。副委員長には「忙しいけど、私は大丈夫ですよ」って返事をしたけど、同じ内容のメールが返ってくるだけだった。そんなやり取りが3回続いて、私はとうとう怒り出した。「そうしたいのなら、私は委員長を辞めますので、副委員長から全員に連絡を取ってください。」と。

次の日、執行部で広報担当の人からメールがあった。その内容が実に変だった。その人の言いたいことは「副委員長の言うことを聞いて」ってことだった。何かおかしい。直感的に私はそう思った。

それで、ちょっとした鎌をかけてみたところ、それが大当たりだった。

副委員長が、「皆に連絡を」って言いだした時には、すでに副委員長から他の委員さんたちに「委員長が忙しいから、全員参加で作る」っていう主旨の連絡が入った後だったことが判明したのだ。そしてそれ以前に、執行部と副委員長が話し合って、そう決めたということだったのであった。


これに私は激怒した。全員ですることにじゃない。執行部と副委員長とで決めたってことに、激怒した。その場合、委員長との話し合いが必要なんじゃないのかなぁ?私は、それが普通だと思う。

それは、組織しての問題。委員長、副委員長って立場、執行部って立場があるのは何故なのか。そこの認識のずれだと思う。私は、最終決定は委員長が行なうべきだと考えている。つまり、縦の関係が成り立っていると考えている。そうじゃないとすると、正副と分ける必要がないから。

だけど、彼女達はそうではないらしい。だけど、自分達に従えと言ってくる。この理不尽さに、私はとうとう匙を投げてしまったのである。

「分かりました。執行部が決めたのなら、従います。」とメールをして、後日、「忙しいので、すみませんが私は行けません。」と、全ての作業を休んだのだった。但し、実際に忙しかったのは間違いはない。卒園式準備に追われていたのは事実だった。私としては、ストライキをしたのだった。

それ以降、私は広報に顔を出さなかった。委員長会議も欠席した。本当に全てからフェードアウトしたのだった。今となっては、ちょっと大人気なかったかなぁと思うけど、でも執行部のやり方には我慢がならなかった。

そうなったのは、多分、2号目のことがあったからだ。あの時、私が委員長判断で記事を小さくした。また、去年と記事の作り方が違っていたのも、副委員長には気に食わなかったのは知っていた。執行部は、委員全員が参加をしていないことに腹を立てていた。でも、その年その年でやり方は変えてもいいって、前委員長は言ってくれていたんだよ。だけど、執行部は全員で作るものでしょって、自分達の意見を押し通そうとした。

この問題が起きた背景には、今までのPTAのやり方が、今の親には合っていないことが潜んでいると思う。専業主婦が多かった時代には、平日でも作業が出来たのだろう。生徒数も多かったから、親のPTAに対する負担もそう大きくはなかった。それが今では、共働きや一人親が増え、子供の数は減っている。PTAの絶対数が少ないのに、作業量は変わってない。土曜日に動ける人が増えてるけども、作業は平日に行なわれるこどが多く、中には有給を取って参加している人もいるらしい。

そんな負担をかけてまで、しないといけないことなのかなぁ?コミュニティを作るっていう意味では、大切だと思うけど、もっと他のやり方があると思うし、作業を減らすことをしてもいいと思う。例えば広報なら、発行回数を減らすのも手だし、執行部が記事を決めてくれてもいいと思う。先生から写真をもらって、載せるのでも構わないし、専門業者に制作をお願いするのでもいいと思う。取材は難しいだろうから、取材と写真用意だけは委員がして、そこから先は業者でもいいんじゃないかと思う。実際、そうしている地域もあるらしいよ。

昔はあーだった、こーだったって言われても、今とコミュニティが違ってもいるし、家族形態も変わってしまった。序列型の家族集団(父、長男に従うという家族)がから、同列の家族集団(上下関係がない家族)が形成されてもいる。やっぱり、新しいやり方が必要になってるんだと思うよ。

この後、執行部は委員の選び方を見直した。アンケートを取って、いつ委員をするかをあらかじめ決めておく方法になった。これで、あの委員選出作業はなくなった。また、正副も前年度の委員から選出されるようになったようだ。少しずつだけど、変わってはきている。


しかしまぁ、他の人たちの時にはそんに問題も無く役員が終わるみたいなのに、なんでか私はごたごたに巻き込まれる。自分が悪いのか、巡り会わせなのか、性格なのかなぁ?

著者のSawamoto Kyokoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。