第一章

ホームステイは愛の連鎖だと思ってた


学生の頃、アメリカでホームステイをした時はボランティアで受け入れて下さいました。

今ではビジネスとしてのホームステイが主流のようです。

そうやって割り切って滞在した方が良いと言う考えも確かにあるので、

それが良いこととか悪いこととか言うつもりはありません。

ビジネスとしてのホームステイでも、暖かい国際交流が生まれている話も多々耳にします。



色々な宗教で、

「見返りを求めてはならない。 与え切りの愛こそ神仏の御心。」


人から人へ伝わっていく相手への思い。

それがまた別の人達へ。


その人達がまた・・・と、どんどん広がって行けば地球は愛に満ちた星になる。


人と人が争わなくなると、

国と国も争うことのない星にになる。


私にできる精一杯のことをしたい。


ボランティアで色々な国の学生を受け入れよう。


本気でそんな風に考えていました。

彼女と出会うまでは…。


私たちが生きているのはそんな牧歌的な世界ではなかったのです。

私が夢に描く理想の世界の実現が手に届くところまで来ているのだとしたら、

軍隊など要らないはず。

考えが甘かったと言うことです。



合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者のOda Masakoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。