「基本」「重心」

1 / 2 ページ

「基本」
福野礼一郎ではないが、クルマはすべて物理の法則に従っています。
どんな特別な装置がついていても、物理の法則には勝てません。
ただ、物理の法則の限界に近づけることは可能です。
ここでウンチク。
・ディメンション 
重心に対してタイヤがどの位置についているか。パッケージングとも言う。
・ジオメトリー
タイヤが他からの入力によってどのように動くか。バイクの場合はフレームの作りそのものをジオメト
リーということもある。
・アライメント
タイヤが三次元の動きの中、1 Gでどのような方向を向いているか。
こんなことをクルマ屋時代に、腕のいいメカニックに言われた記憶がある。
要はこれでクルマの基本的な動きや限界性能は決まってしまう。
あとは付け足しで、現在のハイテク装備があるだけだ。
何馬力あるとかの前に、確かにクルマの基礎といえば基礎だなぁと思った。
FF、FR、RMR、FMR、RR これに各4WD が入る。
以上は、クルマのエンジンの置き場と駆動輪の関係だ。
私は個人的にFM4WD が好きだ。
FF は製造コストダウンから始まった方式で、フロントにエンジンがあり、フロント車軸をドライブする。
エンジンはごく一部のメーカーを除き、横置きでミッションも横置きだ。
非常にコンパクトにまとまる。
そのため、コンパクトカーでも室内空間を大きく取れるメリットがある。
一方、一部の車種を除き、大きな車体や大きなエンジンには向かないため、この方式はとりにくい。
また、進行方向前方にエンジンがあるため、かけられるトラクションに限界がある。
また、フロントヘビーになりやすく駆動輪が操舵輪と同じためアンダーステア傾向が強い。
FR は昔からある駆動方式で、一番オーソドックスな駆動方式だが、フロントアクスルをはみ出すよ
うなエンジンマウントではリアの駆動輪にトラクションがかかりにくく、なおかつオーバーステア傾向、
スピン傾向が強い。
わりと大型のエンジンや大きな車体に向いている。
これもフロントヘビーになりやすいが、エンジンとミッションが縦置きなのでその分コントロール性は
高い。
RR は今では絶滅寸前(ポルシェくらいか)で、リアアクスルの後ろにエンジンを置く方式だ。
最大のメリットは、どの方式よりも駆動輪にトラクションをかけやすく、加速する時などの性能はよい。
しかしその分フロントに荷重がほとんどかからない状態になる傾向が強く、非常にシビアな設計を
求められる。
トラクションがかかればアンダーステア、かからなければオーバーステア、スピン、などといったリス
クを伴う
また、エンジンが最後部にあるため冷却方法もシビアに考えなければならない。
ただ、一度乗りこなしてしまえば抜群のトラクション性能を活かした走行が出来る。
RMR は運転席の後ろで、なおかつリアアクスルの前にエンジンが搭載されている方式だ、

みんなの読んで良かった!