★5★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【イギリスのド田舎で家を探す】

1 / 4 ページ

前編: ★4★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【イギリス生活は幽霊が出るホテルからスタート】
後編: ★6★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【子連れシングル、イギリス人の家に転がり込む】

※この前の話は★4★になります。


さて、時差ボケから解放されたので、金曜日の午後から不動産屋さんを回り始めました。



ダドリーはすごく小さな町。

ダドリーボローという地域自体はとても広いのだけど、中心であるダドリーはとても小さいのです。

行って初めてわかる衝撃・・・。


イギリスという国はすごく分かりやすくて、「ハイストリート」というのを地図で見つければそこが町の中心地なんです。

カレッジからハイストリートまで歩いて5分。

マーケットや銀行、スーパーやドラッグストアが軒を連ねます。


でも、そうだなー。

ハイストリートの端から端まであるいて10分もかからない。


ちなみにマックはなし。

ケンタのみ。




店は基本的にハイストリートにしかないのだけど、

なんとその通りに賃貸用の不動産がたった2軒しかなかったのです。




恐る恐る入る私。


もともと物件はネットでチェックしてから入店。


「あの、物件をお借りしたいのですけど・・・。」


「あー、それね、もう決まりました」



即答。


・・・釣り物件?


いまだネットにあがってますけど?




みんなの読んで良かった!