モテデート(絶対に童貞に読んでもらいたい)

1 / 2 ページ


タイトルに誘われてクリックしたあなたは 

やっぱり童貞な訳ですが

そんなみなさんがモテるには

どんなデートを展開したらよいか

本日はお話して行きたいと思います。


「終わりよければ全てよし」


そんな格言がありますが、こと恋愛に関して言えば

プロセスこそが肝心であり、その過程でミスを犯せば 

よしと言える結果に結び付く事はあり得ません。 

よってデートの中でも、ファーストデートこそが恋愛成就のための 

最重要ファクターなのです。 

男性が女性をデートに誘う場合は 

当然、付き合いたい、突き上げたいと言う感情を抱く女性を誘いますが 

誘われた女性は特別その様な感情がなくとも 

・暇だから 

・美味しいものが食べれそうだから

・なんとなく 

と言う理由でデートに応じることもあります。 

つまり、ファーストデートでツマラナイ男を演じてしまったらSEXどころか 

「次」すらないのです。 

よって男性はファーストデートから背水の陣の覚悟を

持って臨む必要があるのです。 


では具体的な内容に入って行きましょう。 

まずはファーストデートにおいて不可欠なもの。

 それはずばり「段取り」です。 

「乱取り」でも「神取忍」でも「タンドリーチキン」でも

ないので注意してください。 

相手が車に乗ってから

「どこに行こうか?」

的な質問をしたら 

それが優しさ故の発言であったとしてもその瞬間 

女性はデートの誘いを受けた事を後悔します。 

多くの女性は常に男性にリードしてもらいたいものなのです。 

みなさんも「リードって便利だな♪」ってフレーズを 

一度は耳にしたことがあると思います。

 それは今回の件とは全く関係ありませんが

 多くの女性は優柔不断で決断を迫られる事を極端に嫌います。 

旅のしおりを作れとは言いませんが 

行き先は事前に決め、予約出来る物は全て予約し 

スマートに女性をエスコートしなくてはなりません。 

行き先に迷う。道に迷う。待たせる。これらは厳禁です。 

ではファーストデートの行き先はどこが相応しいのでしょう? 

あなたなら以下の3つのうちどれを選びますか? 

1.映画館 

2. ボーリング場 

3.ドライブ 

3択で選んで頂きましたが、残念ながら正解はありません。 

ケースバイケースでどれもが正解になり 

どれもが不正解になり得ます。 

ではどの様な場合に不正解になってしまうのかを 

順番に見て行きたいと思います。 

1の映画は日本における最もポピュラーなデートコースと 

言っても過言ではありません。 

お互い映画好きでデートの時にタイミングよく面白い映画 

例えば「ハリーポッターと全裸の医師」的なものが上映されていれば 

その選択がベストかもしれません。 

しかし、デートと言えば映画。的な安易な発想で 

チョイスすると思わぬ失敗へと繋がります。 

ファーストデートに限らずデートとは 

時間を共有し、コミュニケーションを図る為のものです。 

よってデートコースに映画をチョイスすると言う事は 

共有する時間の印象を映画の内容に委ねる事を意味します。 

つまり、見た映画が面白いものであれば 

楽しいデートだった。 

逆であればつまらないデートだった。 

そんな潜在意識が女性の中に生まれてしまうのです。 

さらには映画を見ている最中にはデートの目的の半分を占める 

コミュニケーションを図る事が出来ません。 

映画を見た後にコミュニケーションを図る 

時間が多分に設けられているのであれば問題はありませんが

 もしそうでない場合に映画と言う選択肢をチョイスしてしまうと

 あなたのキャラクターを伝えきらないままに 

その日のデートは終了してしまいます。 

すなわち、映画と言うデートコースを選ぶのであれば 

見に行く予定の映画のクチコミ、更には 

デートに許されている時間の確認が必要となります。 


2.のボーリングについても同様の視点で

考える事が出来ます。 

ボーリングも映画同様ポピュラーなデートコースです。 

確かに映画に比べて多くのコミュニケーションを望めますが 

これをファーストデートの行き先として 


選択するのには若干の疑問が残ります。 

Pリーグを毎週欠かさず見ている女性

もしくは逆に殆どボーリングをやった事がないと言う女性と

行くならばこの選択もありでしょう。 

しかし、そうでない限り、この選択は模範解答とは言えません。 

何故なら、先ほどデートの目的は「時間の共有」と 

述べましたが、それはただの「楽しい時間の共有」ではなく、 

「非日常の楽しい時間の共有」である必要があるのです。 

よって日常生活の延長線上にあるボーリングではときめきません。 

ストライクを取ってイエーィ!とハイタッチを交わせば 

盛り上がるとお思いの方もいらっしゃると思いますが 

別にあなたがストライクを取ろうとガターであろうと 

残念ながら女性にとっては大した関心事ではないのです。 

更に、ボーリングは爪が割れる恐れがあるので 

爪オシャレ族の女性には嫌がられる 

恐れがある事を認識しておきましょう。

 デートのために綺麗なネイルをして来た女性に 


「ボーリングやろうぜ!」


と言う台詞はばっちりメイクの女性に


「顔洗おうぜ!」


と言うのと同義であると認識しましょう。

3のドライブもボーリングと同様、コミュニケーションの面では 

何ら問題はありませんが、コミュニケーションを図る 

空間が車内と言う密室である為、様々な配慮が必要となります。 

走行時間を2時間と仮定しましょう。 

その間女性が飽く事のないトークを持続出来る腕を 

あなたは持っているでしょうか? 

童貞のみなさんの答えは恐らく否でしょう。 

そこで必要となるのが気の利いた音楽です。 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。