自分の理想からは程遠い今。

転職して半年が経過した。

希望を抱いていた半年前。先が見えない現在。

今の仕事・・・

本当に私がやりたかったことに繋がってる?

この仕事、私に向いてる?

「浮いてる」と言われている職場で、このまま頑張る必要がある?


書いてみて、とてもみじめ。

キラキラする働き方が結局わからず、なんで、みんなこんなに頑張れるんだろう。

わたし、これ、苦手だ、というところからスタートしてしまってくすぶっている。

そして、自分勝手な、失敗ばかりの自分を守ることしか考えられてない。

「私が」「私は」

辞めるのも手だと思う。

でも、また「わたし」本位で仕事を探して、やりたいことなんて見つけられるのか。

そういえば、信頼する一人が言っていた。

「やりたい仕事は、解決したいことで探したほうがいい。」

今になって、身にしみる。


クライアント様が居る仕事についている以上、仕事中はとにかく、

クライアントへのいい影響、役に立てることを考えていこう。

とりあえずはそこから。


そして仕事以外の、ほぼ毎日やっていること、食事、化粧、洗濯、ネットサーフィン等にも目を向けよう。

そこからアンテナ広げたり、変化を生み出せれば、何か道が見えてくるのでは。

というか、こういったことって、無意識にやりすぎて、どんな風にしてるんだっけ。


ほとんど継続できてることはないけど、意識の外で、毎日やっていることに

改めて意識を向けていくことから始めよう。


解決したいことが自分自身の中の「何か」でもいいと思う。

私の場合、自分の何を解決したいのかも、よくわからないまま半年が経ってしまったが。

腹もなにもくくれてない。カッコばかりつけている。つけるカッコもないくせに。

結局、思考の習慣としてみについてしまっていた。


とりあえず、これから半年分の挽回をしたい。それがまずわたしができる変化だ。

迷惑をかけたクライアント様、今の会社のマイナス分をどうにか取り返したい。

まずはそこから。辞めるのも、プラマイゼロにしてからにしたい。

著者のMatsumoto Miyukiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。