ボクと彼女と就職活動

1 / 10 ページ


「ホタテノスシガデキタノ・・・」


長い沈黙を破りようやく零れ落ちた彼女の言葉を

都合良く脳内変換してみたが

すすり泣く彼女の前で 現実逃避は無理だと直ぐに悟った。

土砂降りの中、天気予報を見るくらい

彼女が伝えたいことは明らかだった。

それでも受け入れ難い現実を少しでも遠ざけたくて


「えっ?何?」


と聞き返した。

涙声のせいで さっきより「ホタテノスシ」っぽく聞こえたが

無論彼女が言いたかったことは 好きな寿司ネタの話ではなく

警察学校で同期だった男性を好きになってしまった。

だから別れて欲しいとのことだった。

頑固な彼女が決めたことには

何を言っても無駄だってことは 経験則から理解していたけれど

心変わりした理由がどうしても知りたくて

何で?と尋ねた。


「・・・ 学生の頃は夢のあるあなたがかっこよく見えたけど

今は普通に働いている人が格好よく見えるの・・・」


彼女の言葉を聞いた瞬間、愕然とし 吐きそうになった。

サラリーマンなんてつまらない人間の なるものだと思っていた。

自分は矢沢永吉の様にギター一本で

成り上がるミュージシャンになると信じて疑わなかった。

だからと言って特別な何をする訳でもなく気の向くままに

ギターをかき鳴らしていたら

瞬く間に4年半の大学生活は終ってしまっていた。

そして今の自分は・・・ ただの無職だ。

自分では世俗に染まらない無色のつもりでいたが

彼女から見たら勤労と言う国民の義務も果たせない

サラリーマンより遥かに格好悪い

ただのクズ野郎に成り下がっていた。

大好きな彼女を失いたくなかったけれど

引き止めるための言葉はどこにも見当たらず

ただ言えたのは「ありがとう」だけだった。

こうして2年半続いた彼女との関係は終わった。

いつも傍にあったものを 失ったショックは大きかった。

それが自分の愚かさが招いた結果だと思うと

みんなの読んで良かった!