生まれ変わったら『絶対に男になりたい』と30年間思い続けた“専業主婦”が女の世界に飛び込んだ理由 〜キッカケはある日、突然に〜

2 / 2 ページ

その東海道マラニックに、わたしは10月まで参加していた。
毎月2日ずつかけて東海道五十三次を走るので、毎月のように
同じ仲間と会って同じゴールを目指すのだ。


そんな仲間の女性の一人から、ふとした時に

みなちゃん
もっと女性らしくしたらいいよ。もったいないよ。

と言われた。


めんどくせーと思いながら(爆)

先に書いた理由をボソボソとわたしはそのみなちゃんという女性に話した。


わたし
嫌なんですよ。女の世界。
みなちゃん
わたしは小さいころから、ずーっと女だけの世界にいたよ。
きんちゃんが言うこともわかるよ。
あなたがいう世界、全部見てきた。それが嫌いだった。
みなちゃん
自分が女じゃなきゃ、どんなにいいだろうと 思ったこともあるよ。

でもね、それでも、女性は女性らしく生きたほうが、楽しいよ。もったいないよ。女性性磨いたほうがいいと思うよ


彼女も、また女性である自分を否定しながらも、そこから変化してきたと言う。

そして、中学生から大学生までずーっと女子校だったと言う。


みなちゃん
きんちゃん見てると昔のわたしを見てる気がする。だからわたしは言うんだよ

彼女の力説に、反論が出来なかった。

私は、幼少の頃から女の世界にいたわけでも、ないし。。。


みなちゃん
きんちゃんのいう世界と、逆の世界もあるよ。影で悪口を言うこともない。
足を引っ張らない。ひがまない。そういう女性の世界もあるよ。


わたしはみなちゃんの言葉に屈服せざるを得なかった。
今にして思えば、この一言がなければ、今のわたしもなかったと思う。



女性性ってなんだよ。。。



昔、わたしは恋愛するとものすごく女っぽくなるねといわれたことがある。
いまにして思うと、死に体だった「女性のわたし」を恋愛することでバランスを保っていたのだろう。そういえば、わたしはめっぽう惚れっぽかったのだ。


このジョセイセイというワードがアタマのなかに引っかかっていた。


切れそうで切れない糸になって、わたしの頭にからまっていた。



ちょうどその時、いつぞやのゆりっぺ嬢がご自身のフェイスブックで自分のトークイベントの案内を出してるのを見た。


【侍と呼ばれた女】


このタイトルにちょっとだけ私の興味がわいた。

んんんん?? 


あのオンナオンナしてるゆりっぺ嬢が???どういうことだ???


まぁ、無料だし、聞きに行ってみる、か。。。?


イベントは70人ほどが参加と大盛況だった。

そこには、東海道を同じく走った仲間のゆうやさん、山本さんも来ていた。



当日の話しから感じたこと。

それは、彼女のオンナオンナした外見であるも、
実際はたぎる思いのある熱い女性だという事。

そして、昔は男性性全開で仕事もバリバリとこなし、
彼氏も養ったりしていた時期すらあるそうだ。


なんかちょっと、自分の目を修正する必要がある気がしてきた。



そんな矢先に、東海道の運営メンバーから、ゆりっぺ嬢の主催している
女性性コミュニティの一期にもいらっしゃったあき子さんが
東海道マラニックに参加するので、自主錬をしてほしいといわれた。


あき子さんはとても話しやすい方だった。
日本橋~戸塚まで行く道中、沢山女性性コミュニティのことも聞いた。


やはり参加するつもりは毛頭ないものの(爆)
あき子さんとの会話で、女性性コミュニティがどういうところなのか?
男性性と女性性とはどういうことなのか?を聞いた。


そして、もっと知りたくなった。


そうやって自然な流れで、話を聞くための体験イベントに参加する事になっていた。




やっぱり参加した事、後悔した!!


体験イベントでは、スカートで参加するように言われていた。


わたしにとっては久しぶりのスカートだった。
ついでにブーツも履いてみた。
ヒールが高すぎるわけでもないのに、転びそうになった。


何と無くこそばゆい、不思議な感じがした。



ゆりっぺ嬢はそこではゆりっぺではなく、ゆりえさんと呼ばれていた。


その、体験イベントではわたしが一番嫌いな事を体験させられた。


「女の白々しい褒め言葉」ってやつを、
四方八方から同時に受ける“褒めるワーク”という名のものだ。
この瞬間にわたしはうっかり来てしまった事をとても後悔した。


アタマが真っ白になった。


かえりてぇぇぇぇっぇ!!!!!!!!

終わった後に、そう叫んだのは後にも先にもわたしだけだったと思う。。。


抵抗感が、半端なかった。


ただ、とてもためになる内容だった。

男性の役割、性質。そして女性の役割、性質を再確認するというのは、
知っているようで知らない、やるようでやらない事で、とても新鮮に思われた。


正直、目からうろこだった。
自分の中で勝手に複雑化していたフレームワークをすっきりさせてくれたものだった。


そして、ふと女らしくしてみるのは面白いなぁと感じた。
どことなく、ほっとしてる感覚があって、
何か穏やかな気持ちになったのは今でもおぼえている。


そして、体験イベントが終了したあと、お花をいただいた。


お花か。。。


それまで、自分にとっては、花は「多くて年に2回眺めるもの」だった。


父のお墓参りの際の仏花として。




アリスが間違えて穴に落ちたように


体験イベントが終わった後、満喫した感じがあった。

実際のコースもいいですよというお知らせがあったが、そこまではいらないなと思った。


数日後、ゆりえさんとのスカイプがあった。


体験イベント参加者で希望するメンバー向けにフォローアップの一環としてやっているそうだ。


まあ、営業だろうと、受け流そうとしてみたけど。。。
決め付けて話すのもよくないなと、
いやらしい話だが、受講料相当の金額を握り締めながら話をした。



いまにして思えば内容を知らないが故の大きな誤解なんだけど、
本コースではセミナー1回につき数万円と、そうとう高いなと。
で、ほんとにコスパに見合うもの手に入れられるの???と。


是非いろんなことをやるから入ってみてほしいと。
男性性女性性だけの世界じゃないと。考えてみようと思った。



なぜか、参加してみたいとも思ったのだ。


頭の中で、参加したいと思った理由が2つ、浮かんだ。


①わたしの長年の夢だった東海道の旅が一段落し、
今度は自分の内面の旅をしてみたいと思ったこと

②ゆりえ嬢含む色々な女性が勧めるちはるさんの話しを
単純に聞いてみたいと思ったこと



だが、わたしは、思考で考えて動くタイプではない。


直感を信じて動くタイプである。


その直観を突き動かされる何かがないと、何もやらない。



しかし、話している間に、ゆりえさんの熱意に押された。


衝動が、心の中でギュンとサインを出させた。


わかりました。やりましょう。



東海道マラニックでのゆりえ嬢との出会いから、
少しずつ女性性へと舵をきり始めていたわたしが、
加速度的にさらに女性性を増していくとその時は信じていた。


手に握ったお金を振込し、わたしは女性性コミュニティのメンバーなった。



それはアリスがウサギに連れられ穴に飛び込んだ感覚だった。


こうして私は、この女性性コミュニティに参加したわけだが、
ここに参加したらロケットで宇宙に行くようにイケイケな感じになれると思っていた。

自分も、どんどんキラキラして、やばいくらいになっていくんだろう!
女性性がメッチャ開花してステキな女性になってしまう。うふふ!


そう思っていた。



でも、実際はちっともそんな事かった。宇宙服は着させられなかった。
なぜか海辺に浮かぶロケットだった。

でもそんなの気にせずに目の前の大きなボタンをルンルン♪で押したら
ものすごい勢いで轟音を立てて暗い海の底に沈んでいったのだが。。。



この物語の続きはまた次回に。

ここからが本当の物語の始まりだった。。。


ーーーーーーーーーーーーー


読んでよかったら、ぜひ「読んでよかった」ボタン、フェイスブック、ツィッター、はてブでのシェアをお願いします。また、コメントいただけたら嬉しいです。


著者の山口 友里恵さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。