世の中の為にはなっていないけど...

僕は今スマホのアプリを作るお仕事をしています。
それ自体とても楽しいのですが、ふとした時にこんなことを思うことがよくありました。
それは、僕が今やっている仕事って世の中の為になるのかな?世界を良くしてくれるのかな?というものでした。傲慢ですかね。社会起業家でも無いのにごめんなさい...
例えば、僕の先輩達がやっているスペイン語のオンライン学校の事業はなんだかとても世の中のためになっている気がします。実際、雇用問題が深刻なグアテマラに住んでいる現地人の雇用を生んでいます。
例えば、最近見に行ったSF JAPAN NIGHTには社会問題を解決するために日々必死に頑張っているスタートアップの人たちがいました。若いし、僕が思いつかないような素晴らしいアイディアがそこには散らばっていたように思います。
対して、僕がやっているお仕事はどうだろう?
僕は今スマホのエンタメアプリやツール系のアプリを作っています。それらのアプリはおそらくそんなに世の中のためになっていないし、社会問題を解決したりもしていないと思います。
また、自分事から少し離れますが、GREEやDeNA、最近ではガンホー等はソシャゲーを作って、たくさんのユーザーがいて、沢山お金を生んでます。
でも客観的に見ているとなんだかリスペクトされていない気がします。最近それは、アダルト産業に似ている気がしています。みんなAVとか見てるのに、社会的にあまりリスペクトされていません。
普段なにげに使っている2chまとめアプリや、Xvideoから得られる小さな幸福が生活の中にはこんなにも散りばめられているのに。
でも、こういう小さい幸福感を与えてくれる物が軽視される世の中で、そういった物を作っているのが最近楽しかったりします。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のHasegawa Toshitakaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。