60人生の岐路 / 父、二度目の怒り

1 / 3 ページ

前編: 59人生の岐路 / 大舞台の司会者に抜擢
後編: 61人生の岐路 / 父、家を出る


父を怒らせた事は今まで何度もある。

正直、数え切れないほどだ。妹をいじめた時は、頬を叩かれた。

あの時はとにかく泣いた。


でも、父と離れて暮らすようになってから、父はあまり怒らなくなった。

電話越しで「バカ」と言ってくるけど、怒られた気にはならない。

波平がカツオに「バカもん」という愛情みたいなものだと私は思っている。


ただ、あの日…。

私は父を怒らせた。

就職が決まらず、焦っていた私のために父は仕事の候補を見つけてくれた。

父が作ってくれたリストから気になる仕事を選び、履歴書を作り、応募していたのに。

私は父を裏切ったのだ。

地元で就職しない。東京に行く。と気持ちがコロリと変わり、父の努力を踏みつぶした。

父は怒り、私と縁を切った。絶縁のはじまりだ。

詳しくは、こちらから。(29人生の岐路30人生の岐路


それから私は卒業を目前に仕事が決まり、父との関係は少しずつ戻って行った。

私と父の仲を取り戻してくれたのは紛れもなく母がいてくれたからだ。

その事に気づいていたのに、当時、私は母にありがとうを言えなかった。


仕事も順調に、プライベートも順調に…

なんて行くはずもなく、私は新卒で入社した会社を1年3ヶ月で辞めた。

事情については詳しく書かなくてもすでに記していますので、こちらを読んで頂けたらと思います。


辞めた後は、リフレッシュも兼ね、沖縄に飛び。

自由気ままに過ごしていました。


その後は、旅をするつもりだったけど、父から怒られたんだった。

しかも、これが二度目の怒りになってしまうほど。むちゃくちゃ大きな雷が落ちたんだ。

実家を追い出され、彼の家に居候をしながら転職活動をしたんです、私。


タイトルにある、【父、二度目の怒り】はすでに起こっていました。

私が職を見つけず、ふらふら旅なんてしている姿が気に入らなかったのでしょう。

あの時は、父だけでなく、いつもは優しい母もすっごく怒っていた。

荷物をまとめてすぐに家を飛び出さなければならないほど、父と母の怒りはまっすぐ私に向かっていました。


だから、今回綴る父の怒りは、三度目の怒りとなります。

みんなの読んで良かった!