61人生の岐路 / 父、家を出る

前話: 60人生の岐路 / 父、二度目の怒り
次話: 62人生の岐路 / 父、私を許すか?


震える声で母が電話をしてきた前に、妹から電話が来たのだ。


妹「お姉ちゃん、また、何かやったの?今回は覚悟しといた方が良いよ」

妹は父と何度か連絡のやり取りをしていて、私の事情を聞いていたのだ。

父とも母とも、何の関係のない(私からしたら)4つ離れた妹とも電話をしており、家族の情報網となっていた妹はついに私に電話をかけてきた。


妹「お姉ちゃん、お父さんぶちギレだよ。お母さん、震えているから」

私「……ん?なんで?」

妹「……っは?何も知らないの?」

私「何回も電話が来ていたけど、無視していて」

妹「おい、おねえ。包丁で指切ったじゃん。あれが発端だよ」

と、妹を通して事情を聞いた。


私がぐさっと指を切った。血が止まらず、両親に電話をした。

なんで近くに住んでいる彼ではなく、家に電話をしてきたのか。

そもそも、年明け、少しで良かったから会ってほしかった。

……と。父は、正月早々の引っ越しでの事を引きずっていたみたいです。

そんなこと言われても……と思ったけど、口には出せず、妹の話を聞いていました。


妹「一先ず、お父さんに電話して謝った方が良いよ」

私「分かってるけどさ、電話が繋がらなくて。というより、めっちゃ怖い!」

妹「ハッ!!おねえが引き起こした問題なんだから自分で解決しなよ」

私「……う、ん。分かってるけど…」


妹との電話の後、震える手で父に電話をかけた。

プルルルル。父よ、出るな出るな…と祈っている私がいた。

無視されている方がその時は良かった。

祈りが通じたのか、ただ私と話したくないのか、父は電話に出なかった。


ふうとため息をつき、電話を切ると、タイミングよく母から電話があった。

声は、震えていた。私の何十倍も何百倍も震えていた。

事情は分からなかったけど、

泣きながら、

「お父さんが出て行っちゃった。

どこに行ったのかも分からない。

どうしよう。どうしよう」


ようやく、事の重大さを知りました。

2つ下の妹の反応「おねえのせいだからね」

4つ下の妹の反応「そのうち帰ってくるよ」

こんなにも姉妹で違うもんなんですね。なんて言ってられる場合ではないか。


とにかく焦りました。

と言っても静岡に帰る選択肢はなく、ただただ状況を教えてもらうのにいっぱいでした。


父が出て行った理由。

それは、父しか分からないけど、母が言うには、彼と付き合いが長くなるのに、全然、あんたたちからアクションがなく、呆れていた。そんな時に、あんたが包丁で指を切って、就職の時も転職の時も彼を選んだのに、こんな時だけ家を頼るなんて何を考えているのか。そして、父と私の間に立たされた母が私のフォローをしてくれたため、父からしたらお前(母のこと)も敵なのか、みたいな解釈をしてしまい、もう誰も信じられないという事で家を出てしまったらしい。


元々の原因は、すべて私が引き起こしてしまったので、とにかく父が帰ってくる事を祈った。


情報網の妹から情報が流れてきて、

静岡から4つ下の妹が住んでいる広島に向かったものの、終電がすでになく諦めた。その後、2つ下の妹が住んでいる東京に向かったものの、そちらも電車がなく諦めた。

仕方なく、父が大学時代に住んでいた名古屋に向かった。と言う内容だった。


その後、さらに連絡があり、夜中に父は家に帰ってきたみたいだ。


安心した。

母は相当、震えていたみたいだ。

父が帰ってこない事ではなく、これまで経験したことのない父の暴れ具合によって。

妹から貰った姿見は、父の怒りによってバリバリに割れたらしい。


毎日、毎日、毎日、母は気を遣って父と生活をしていたようだ。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


私の話はタブーで、少しでも話題に出すと父は暴れるらしく。

私は大橋家の子供じゃないような日々だったみたいです。


悔しいし、涙があふれるけど、自分が招いた事だから仕方ないです。


でも、今後の事を考えたら、そろそろ謝りに行かなければ…。

ただ、私が行ったところで父の機嫌がまた悪くなって、母に八つ当たりをしてしまったら…。

とにかく怖くてたまらなかった。


でも、母に迷惑をかけていられない。

気持ちを振り絞って、私は静岡の家に向かいました。

続きのストーリーはこちら!

62人生の岐路 / 父、私を許すか?

著者の大橋 美紀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。