46

私が家を去った後。
パパっ子だった長女の姉すら
父親の家を訪れることはなくなった。
私が父を孤独に追いやった。
自業自得。
と言ってしまえばそれまでだが
父親は娘と妻と家族を失った。
私が父と家にいた頃は
週末には実家に帰る長女
つまり姉の帰宅先は父と私の
いる家だったが私が母と次女の家に
転がりこんだ途端姉は父の元には
行かなくなる。
可愛がっていた初孫の姿を
見ることもなくなった。
ややこしいので長女姉をミサ、
次女姉をくるみとする。

仮名ですw

私は女なのでよく分からない。
父の気持ちが。
自業自得とはいえ
嫁と離婚。
娘達とは会えない。

どんな気持ちなのだろうか。

どんな気持ちで父は1人で暮らして
いたのだろうか。

そして子供も失っても別れられないほど
人を好きになれるのだろうか。

私には父がどんな気持ちで
いたのか…

分からない。

その6年後
父は亡くなる。

私が父を早くに死なせる原因を
作ったのかも知れない。


著者のTomoe Yoshidaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。