ひきこもりについて考えるイベントに参加

ひきこもり大学というイベントに行ってきた

大変いろんな世代の集まった会の中

印象に残ったのは

支援する側 支援される側 という言葉

その時点でフラットではなく
平等ではない
すでに壁ができている

みんなどうしたらいいのか
苦しんでいる

それは当事者であれ、関係者であれ
支援者も…

ひきこもりって
ママさんだって、社会人だって
学生だって、そして高齢者だってあることに気づく

なんか高速道路を走らされているこの時代
たまにはパーキングエリアで一息しないとって声もあった

みんなどうしたらいいか
苦しんでいる

みんな、なにかで苦しんでいる

結局できることは
寄り添うこと、自分がいいと思っていることをやること

だから私は今やっている座談会を継続して開催していく
また誰かに届くように
また誰かの目や耳に届くように

こういう僧侶もいることを


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。