悩むこと。それは『成長』の証

Bonjour♡Rinです。


先日、主催した『平城式FBワークショップVol.2』に

Vol.1から引き続き、2名の女性が参加してくださいました。



偶然にもVol.1と同じメンバーだったので、

急遽内容を変更し、個々人に合わせた特別メニューのワークにしました。


 

再会してまず驚いたのが、前回と表情が全く違うこと。

2人とも今では楽しんで情報発信活動をされています。



これが、何より大切ですね(^^)



楽しんで活動する。

だから、継続できる。


 

そして、コンスタントに情報を発信するようになったことで


 


・昔の知り合いから反応があった

・知らない人からコメントが来た


 

など、色々変化があったようです。


 


また、様々な気付きや発見があった反面、


 

・テーマを決めて情報発信活動をしてみたけど、他のテーマにも興味が出てきてしまった

・なかなか、インパクトのあるライティングができない


 


など、『前向き』な悩みも出てきました。

多少時間はかかってしまうけど、

試行錯誤を繰り返しながら『自分だけのテーマ』を追求すること、

そして、『読者(ターゲット)』を意識し、

コンテンツとしての価値が高まるようなライティングや

レイアウトのコツをアドバイスさせていただきました。



自分の『想い』や『経験』や『生き様』を、

自分の言葉で表現し、発信する。


 

それが誰かの心に届いた時、『価値』になる。


************************

♡3人共通の『海外ノマド倶楽部』ステッカーと共に記念撮影♡

************************





著者のRin Ohashiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。