46

そんなこんなから
数年後
私は母親になり子供を生んだ後
私は久しぶりに父に連絡をとった。
かつて私達が住んでいた家には
住まずその浮気相手の持ち家に
父はその女と住んでいた。
かつての我が家に電話しても
誰もでない。

会社に電話して連絡をとり
久しぶりに食事をした。
その年は初めて父にお歳暮を
送った。
父も私の娘におもちゃやら
お菓子やら色々と送ってくれる。
次の年にはお中元に伊勢海老を
送った。
今思えば最初で最後の親孝行。笑
そこからしばらくはまた父との
連絡を控えた。
母は父と私が関わるのを
あまりよく思わない。
母にしてみれば、家庭をかえりみず
壊した男が娘の愛情を失わず
昔のまま何も失わないのは
面白くないだろう。

たまに父と会っていたミサ姉ちゃんから
父親があまり具合が良くないようだと
聞く。
心配ではあったが、大したことは
ないだろうと思っていた。

その数ヶ月後父に連絡をしてみた。
父と電話で話すと
酷い声だった。
酷い声というより
かすれたその声は何を話しているかも
よく聴き取れない程にかすれた声。
どうしたの?
と聞くと父は酷い風邪を引いている。
熱や他の症状はないが身体
背中のあたりが痛いのと咳と喉が
痛いと言っていた。
風邪ではないんじゃないかと
何か他の病気ではないかと
言ったら入院して検査を受けてくると
言っていた。

ひどく胸騒ぎがしたものの
この時はまだ父が僅か数ヶ月後に
この世を去るなとどは
思いもしなかった。


著者のTomoe Yoshidaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。