★7★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【家・小学校・保育園を探す旅】

1 / 4 ページ

前編: ★6★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【子連れシングル、イギリス人の家に転がり込む】
後編: ★8★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【イギリス版松尾芭蕉生活】

前の話は★6★をご覧ください。


今や日本人母子家庭×2と私の母親までもが住むこのおうち。


オーナーはディーという名前のカリビアン系イギリス人。


ロンドンに生まれ育ち、大学では数学を専攻、中学校の教師免許を持っています。


なぜこのバーミンガム郊外に住んでいるかは・・・疑問。


男関係?




彼女も例外になくシングルマザー。

イギリスではセカンダリーと呼ばれる中学校に通う息子がいます。



さて、元は二人だけが住むこの家ですが、とても広い。


3階建てのセミデタッチドハウス(二戸一住宅)で

1階にはディーがネイルやマッサージをする部屋(彼女の現在の仕事)、8畳ほどの部屋に独立したトイレ、洗濯&乾燥室(庭に出られる)があり、

2階が台所と20畳ほどのリビング、

3階には3つ部屋があって鍵がかかったディーの部屋、息子のロマーノの部屋、そして最初からいる日本人一家の部屋(中には独立したシャワーブースとトイレ)そしてお風呂&トイレ。



私たちは1階の10畳ほどの部屋を貸してもらいました。


でも普段使わないこの部屋にはベッドがありません。


なのでディーの車でセンターにあるウィルキンソンというなんでも売っているお店にキャンプで使うエアーベッドを買いに行きました。


泣けるほど安い。


一つ10ポンドほど。


これで安心して眠ることもできましたし、


台所が自由に使えて温かいものが食べられることにとても幸せを感じました。



下の写真は2階の台所から見たバーミンガムの方角。


みんなの読んで良かった!