親は子どもに育てられる。~反抗期、非行、中絶、ひきこもり、摂食障害、うつ、流産、育児ノイローゼを越えて、今~

3 / 5 ページ

「科学流産」

 

初期の流産で、私の場合は子宮には何も残さずに、
何ごともなかったかのようなキレイな状態でいたために、
“妊娠していた”証拠は何ひとつありませんでした。

 

文字通り、浴室で自分の手の中を流れていってしまい、
守ることができなかった小さな命。

夫には「ダメだったみたい…。」としか言えませんでした。

 

調べてみたら、流産は妊娠全体のうちの15%。


こんな気持ちを多くの人が味わっているということを知り、
安心するような、でもそんな悲しみを知らずに過ごしていたことに
罪悪感を感じるような、複雑な気持ちでした。

 

でも、悲しみややるせなさも、なくなることはありませんでした。

 

それからしばらくは、心が落ち着かずに、仕事に集中したり、
ニューヨークに住む友だちのところに遊びに行ったりして、

流産のことは少しずつ忘れようとしていきました。

 

浴室でのことは、夫に言い出せないまま…。

 

そのあと、再び子どもを授かったのは、
流産から半年、中絶からは13年が経っていました。

 

それからは胎教をしたり子育てについて調べたり本を読んだりと、

やっと巡り会える我が子のためになりそうな事を学び、
ふさわしい母親になるべく日々を過ごしていました。

 

自分がまだ子どもの頃、人工中絶をして子どもの命の目を摘み、

大人になってからは流産で守れるはずの命を守れなかった私。

 

子どもに対する想いは特別なものがありました。

 

そんな私がやっとのことで出会えた子どもとの出会いは、
不思議なものでした。

 

見たことのない顔で「誰だろう?」と思ったのに、

なぜか知っているようで、「よく頑張ったね、ママだよ」と
声をかけたら目を開けて私を見つめる小さな赤ちゃん。

 

私は腕の中にいるこの小さな命を、

なんとしても守りたい、幸せにしたい、

と強く思ったのでした。

 

それでも、初めての出産と育児では精神的なストレスも多く、
たくさん自分を責めた日々を乗り越えての出会いだったのに、
子どもにイライラしてしまうようになりました。

 

うまくいかない事ばかりで、ストレスが溜まり育児ノイローゼに。

あやうく、手をあげてしまいそうになったときもありました。


 

著者の柳田 千恵さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。