夏の思い出: 白血病闘病記と私にとっての数学・学業

1 / 3 ページ

ブログからの転載です。

http://wp.me/p4PcgX-uV

Twitter で呟いたのを多少編集してまとめておこう.

他の白血病患者の方達にも参考になるかもしれないから.

スタートはこれ.

#+BEGIN_HTML

いま「夏の思い出」というのを聞かれたのだが, 高校以降は基本的に数学をしていた以外の記憶がないし, そういうのを聞かれているわけでもなかろうから返答にすごい困ったのだが, それ以外に思いついた思い出がもっとひどかったのでどうしようか迷ったもののとりあえずそれを答えた

2015, 7 月 1

#+END_HTML

いま「夏の思い出」というのを聞かれたのだが,

高校以降は基本的に数学をしていた以外の記憶がない.

そういうのを聞かれているわけでもないだろうし, 返答にすごい困った.

数学以外に思いついたのが白血病ネタで

どうしようか迷ったけれどもとりあえずそれを答えた.

以下いろいろ書いていく.

思い出は高校 1 年時の白血病治療のための骨髄移植での入院だ.

高校入学後初の夏休みが無菌室,

外出できない状態で体調が少しよくなってきた頃に

窓越しに夏の日射しを呆然と眺めて「何でこんな所にいるのだろう」と思った遠い記憶.

このときちょうど機動戦艦ナデシコの劇場版がやっていた頃で,

看護師さん達から「この子飛び出していかないかしら」と

心配されていたとか何とか聞いた.

どうしても見に行きたかったのだ.

白血病になった原因などはよく分からないが,

中 3 での発覚後, 中学では何か先生が泣きながら

「万が一彼にぶつかったりしたら大変だから決して廊下は走らないように」という

厳命が下ったらしい.

慢性の骨髄性白血病だったのだが,

これは白血球を作り過ぎてしまう病気だ.

普通 4,000-10,000 程度で風邪などの病気のときも

数万程度のところが 40 万とかあった.

白血球 1 つ 1 つはポンコツなのだが数だけはあるため,

とりあえず抵抗力などは問題なかった.

ただ血を作りまくっている関係上,

造血系がアップアップしていて,

脾臓が馬鹿みたいに腫れていた.

普通肋骨の下に隠れている程度なのが,

臍のあたりまで張りだしていたようで,

もし脾臓が破裂したら病院の前であっても

助からないというようなことを言われた.

脾臓破裂というと綾波レイと同じだな,

みんなの読んで良かった!