【違う、そうじゃない】ファスティング?あぁ、酵素ジュースの?って思ってる奴、ちょっと来い。

1 / 12 ページ


この記事を読んでくださっているみなさん、ありがとうございます。

ファスティングマイスターの川口美樹(かわぐち よしき)です。


ストーリーを書く前に、ちょっとだけ自己紹介を。

このSTORYS.JPさんにストーリーを書いたのは、「浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由」という記事を書かせてもらったのが最初でした。


結果、述べ5万人近くの方に記事を読んでもらうことができ、とても感謝しています。

そして、今回はそんな俳優業をしていた僕が「なぜファスティングマイスターをやっているのか?」をよりたくさんの方に知っていただきたいと思い、このストーリーを書きました。



ってかファスティングマイスターって何?


最近、ちょいちょい耳にするようになった「ファスティング」。

男性には疎い単語かもしれませんが、女性の間ではようやく市民権を得たようで、女性誌でも素敵な女性たちがダイエットや美肌のツールとして実践している様子が取り上げられています。

「プチ断食」や「酵素ダイエット」と書かれている記事も多く、

そのように認識されている方も多いかと思います。


ファスティングマイスターは、一般社団法人 分子整合医学美容食育協会が発行する資格で、いわば健康と美容のプロフェッショナルです。この人たちの指導のもとでファスティングをやったら安全ですよ、というお免状です。


(※ちなみに、僕はこの記事で協会の宣伝がしたいわけではありません。念のため。

むしろ僕は協会の売上にどっちかというと貢献していない方のファスティングマイスターです。)



そして、いま僕は困っている。


メディアの力もあって、ファスティングは認知度が上がってきました。

それ自体は非常に嬉しいことなのですが、ファスティング(断食)が紹介されると、ほぼ間違いなくセットで、どこかしらのメーカーの酵素ジュースが紹介されています。


これによって、完全に「ファスティング=酵素ジュース」というイメージがついてしまいました。

ですから、ファスティングの指導をしています、と自己紹介をすると、ほぼ100%の確率で「あぁ、酵素ジュースの。」と返答されます。

どうやら世間一般的にはファスティングの専門家=酵素ジュースを売る人、だと思われている節があります。


その度に「いや、そうじゃないんだけど」と思っているのですが、一旦ついてしまったイメージを変えるのは難しく、本質を伝えるための説明に2時間くらいかかるのでとっても困っているのです。


僕が伝えたいファスティングは、ダイエットがどうとか、酵素がすごいとか、そんなちっぽけなことではないんです。


だって僕自身は、ファスティングに出会って、人生まで変わってしまったのですから。。。


ファスティングとの出会い

冒頭に紹介したストーリーにも書いてありますが、僕は学生時代、日本大学芸術学部というところで、映像演技を学んでいた俳優の卵でした。

みんなの読んで良かった!