『営業職』が何よりも素晴らしいと思うに至った深夜3時のSTORY ~1~

1 / 3 ページ


この話は前回書かせていただいました、『学歴コンプレックスの私が大手企業で新人賞を受賞した話』の続きになります。

もしお時間ありましたらそちらも読んで頂けますと光栄です。





ところで、みなさま

営業と聞いて何を思い浮かべますか?

営業に対してあまりいいイメージを持っていない方もいるかと思います。

よく行くcafeで本を読んでいると、隣の席で就活中の学生さんが、

営業なんて嫌だよ~。ノルマきついだろうし。何よりうまく喋れないから俺には向いてないよ。。

なんて言っているのを何度も聞いたことがあります。

よく行く飲食店のオーナーは、


営業なんて大変だよね。。潰しきかないし、経験積んでも営業でしょ?


なんて言ってます。(私が営業をしているのを知っているのに。。)


私も初めはそうでした。実際に色々と経験し、やはり営業は大変な仕事だと思います。

ただ、私は今までの営業で、何度か「体の奥底から震えがくる」ような喜びを経験しております。

この喜びが忘れられず辛い時も苦しい時も自分を支えることが出来ました。

今回はそんな「体の奥底から震えがくる」経験を一つ思い出して書いてみました。




自信過剰

入社初年度、あるお客様との出会いを機に、3ヶ月で5件の契約を手にし新人賞を受賞した私は、次年度成績が思う様に伸びず苦しい思いをしていた。

理由は簡単。自信過剰、慢心、おごり。

新人賞を受賞し、周囲から褒め称えられ小言を言われなくなった。

人間は弱いもの。勘違いをし始めるのにはまたとない状況だった。


この頃の私は嫌な奴だった。

お客様と対峙しても、

「お客様が家を建てない理由」

を探す達人になっていた。

平均成績は何とかクリアするものの、期末が近付いた時点ではメッキは剥げかけ。


前年度あれだけ悔しい思いをし、『お客様の為に』頑張ると決めたのに、思う様に結果が出ない日々にいつの間にか責任転嫁をして


俺の営業が悪いのではない。
客がだめなんだ。。

他の先輩と同じように、そんなことを口にし始めていた。

みんなの読んで良かった!