プ~たらしていた自分が“場”を作れたこと、じいちゃん褒めてくれるかも、というお話




ふと、書いてみようかと思いました。   

「プ~たらしていた自分が“場”を作れたこと、じいちゃん褒めてくれるかも、というお話」です。

タイトル、長いですね~(T_T)


広島という地方都市で、行政書士法人というマイナーな会社を経営してます。

15年になります。

  

毎日ではありませんが、社内で会議があります。


そこではその多くで、喧々諤々(けんけんがくがく)、論議しています。 


どう対策する?
どうすれば良い結果になる?


中には

これからどう考えながら仕事に臨めばいい?


というものも。

  

結構、みんな、真剣です。 


また社内では、当然ですが、実務も進んでいます。

真剣さは、わたしが見ても、すごいものがあります。

  

日々、いろんな壁がありながらも、みんな、少しずつ、成長している。


そんな中、時折、不思議な感覚に襲われます。


自分がやらなかったら絶対に無かった“場”がここにできている


~~~


その昔、プ~たらプ~たらしていた男が、起業した。


何も考えてない、単なる勢いだけの男。


勢いだけなので、案の定、紆余曲折、七転八倒を経験する。


基本、アホなので、人を雇うことが「偉い」と思い込み、雇ってしまう。


雇っても、これも案の定、給料払うのに四苦八苦。


雇っても、働いてもらう方法が分からない。


雇い主として必要な何もかも、分からない。


「こりゃ、アホじゃいかん」と、

“人に働いていただく”ための勉強を始める。


そのうち、一緒にがんばりたいなと思う人との出逢いが、天から降ってくる。


そこからも紆余曲折、七転八倒。


一緒にいてくれる人、離れる人、いろいろあって、今がある。


何とか、かんとか、今に至る。


~~~


わたし、ですね・・・。


人生に何の目標もない、何の取り柄もない、一人の男が、ちょっと資格が取れたからって、勢いだけで起業した。


そんな男の顛末(てんまつ)は、決まって、七転八倒です^^;     


でね、ふと思うんです。


そんなど~でもいい男が、どんな理由であれ、“場”を作った。


誰かが成長し、活躍できる場。


たぶん、自分がやらなかったら絶対に無かった“場”がここにできている。

そんな感覚。


創業した人で、自分以外の誰かが働いてくれている会社であれば、ちょっと理解いただけるかもしれません。※もしかして、感じるの、わたしだけか!?


なんにもなかった時代を、自分自身、知っている。


なのに、今は、何人もの人が、目の前で、働いている。


めまぐるしく成長している。わたしの何倍も。


もちろん、今の状態は、十分なわけではありません。


まだまだ発展途上。 


残債は多いし、毎月安定しているわけじゃないし、

まだまだ七転八倒状態です。


それと、そもそも論なのですが、

「あんたがやらんでも、誰かがやったわい!」

「働いている人は、たまたま、あんたの事務所を選んだだけじゃわい!」

ということ、言わんでください(T_T)


あくまでも、わたしの心の中の問題ですので・・・^^;


~~~


わたしには、祖父がいました。


幼少の時、仕事で忙しかった父の代わりに、釣りの仕方や海に落ちたら危ないぞってこと、友達との付き合い方、人として優しくあるべき、とか、教えてくれた人です。


プ~たらプ~たらしていたわたしの行く末を、心配しながら他界しました。

もう20年近くになります。


口では「ま~何とかなるわい」と言いながらも、一生懸命、心配してくれた祖父。


死んだときは、そりゃ、悲しかった。


大声出して、泣いてしまった。


頑張るぞって、心底誓った。


わたし、二十歳を過ぎてましたが、喪失感は半端なかったです。


その祖父が、なぜかずっと、心の底に存在しています。


そして・・・

じいちゃん、見ているかい?

そう思うのです。


そして、今この瞬間、何とかかんとか生き残っている自分を

岐路に立った時の選択を


じいちゃん、褒めてくれるかな~?

そんなふうに思ってしまうのです。


青臭い、じいちゃんコンプレックスでしょうかね(^_^;)


~~~


ともかく、いま、“場”だけは、ここにある。


わたしの残りのビジネスパーソンとしての人生の意味は、この“場”が関係するのだと思います。


わたしはこの”場”を・・・


今いる人がもっと成長するにはどうすればいいか?


・これから来てくれるだろう人が成長できる場として、いかに成熟させることができるか?


・人生で一定時間、過ごす場としての会社を、いかに心地よいものにしてゆけるか?


・この“場”を、いかに安定させ、継続させ、発展させてゆけるか?


そして感じます。


売上や利益は、これらの手段にすぎない。


~~~


んまあ、何だかんだと言っても、一歩、一歩、進むだけです。 


じいちゃん、どう言うのでしょうかね。

「ようやっとる、まあ、その調子で頑張れや」(広島弁)

そう言ってもらいたいものです。 


というか、言わせてやる!


そう感じる、今日この頃です。


読んでいただいたあなたに感謝します┏○ペコ

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。