祖母を偲ぶ

1 / 2 ページ

3年前祖母を亡くしました。
それから結婚して子供を出産。
子供を育てながらよく祖母を思い出します。
私の知っている祖母は、きっと彼女の人生の一部分。 
私の祖母は、5人兄妹の末っ子。
ひいおばあちゃんが40歳の時に出産した。生まれた時から身体が弱くていつもねこんでいたらしい。
彼女の両親は、過保護だったと10歳年上の彼女のお姉さんはよく私に話してくれた。
そんな病弱な彼女も恋をした。なんでか相手も病弱な人。でもカッコよかったようだ。
そして駆け落ち。でもすぐ連れ戻されお見合い。
お見合い相手は、カッコ良くもなく自分より小さい。それが私のおじいちゃん。
それから子供を二人儲けた。でも病弱な体なので2人目の娘は、3番目のお姉さんに預けられた。
お姉さんは、実の娘ように可愛がり養女にしたいと望んだ。でも祖母は拒否したようだ。
娘は結局祖母の手元で育てられた。でも物心つくころからお姉さんに育てられたためなかなか祖母とはうまくいかなかったらしい。
今思うと祖母の子供好きはここからきているのかもしれない。病弱なためあまり自分の手で育てられず、孫にできなかったことをしたかったかもしれない。
祖母は、お金にも苦労。原因は、祖父。祖父は、自分のお金は自分のものと堂々と言っていた人。
お金がないのに勝手に借りて旅行。父の進学資金で車を購入。祖母は、包丁を持って祖父と喧嘩したらい。そのときの事を10歳年上の姉は笑いながら話していた。
そんな祖父母も年老い丸くなったらしい。初孫の孫の私を含め4人の孫に囲まれた。
毎年夏、正月と孫が会いに来るのを楽しみにしていた。
孫が成人すると毎年来ていた孫も自分の世界でいっぱいいっぱい。訪れる回数も減る。
祖父母は、よく二人で車で出かけた。お寺さんの行事に仲良く参加した。
祖父母は、満身創痍。薬と病院通いが習慣。
祖父が、心臓の手術をして寝たきり。祖母の老老介護。
祖父と祖母はそんな環境でもふたりはよく喧嘩をした。
介護して三年目祖父はあっけなく旅だった。祖母は抜け殻のようになった。
祖母は立てなくなり入院。
入院してすぐに私はお見舞い行った。当時付き合っていた旦那の写真を見せた。笑いながらよかったねと言った。
その一ヶ月後祖母は亡くなった。祖父が死んでから1年も経っていなかった。
祖父は祖母が大好きだった。寂しくてひとりでいられなかったかもしれない。
そして祖母も同じだったかもしれない。
祖母の葬式は家族葬のつもりだったけどお寺付き合いの多かった祖母ではできなかった。
でも世話好きの祖母らしくいっぱいの人に囲まれた賑やかな葬式だった。
祖母を亡くし三年目。娘を生み母になった。
祖母は私の中でおばあちゃんだけの側面だけでなく女性として母親の立場として幸せだったのかかんがえるときがある。
でもそれは祖母しか分からない。
ただひ孫である娘をひいおばあちゃんとして溺愛してくれたことは分かる。
私を孫として愛し可愛がってくれたから。
結婚して子供が生まれて初めて祖母の本当のありがたさがある。
つらい戦争中を生き抜き、父生み育て私に繋いでくれてありがとう。
今年のお盆にもお花を贈って祖母の帰りを待とう。




みんなの読んで良かった!