ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

後編: ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。第1話

46歳、サラリーマンマンを辞めて独立後9年。

紆余曲折を経てようやく2年前に立ち上げた会社が軌道に乗り始め、事務所を移転した矢先の突然の腹痛。

悪い予感は的中して肝臓、リンパ転移の大腸ガン、最悪のステージ4(末期)。

何と余命12ヶ月宣告。

妻と中学に入学したばかりの息子、住宅ローンと事業運転資金、事業の為に受けた投資資金、ようやく軌道に乗った会社をどうするか?

続きのストーリーはこちら!

ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。第1話

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。