次女の誕生日

1 / 2 ページ

1年前の今頃、破水した妻がタクシーで一人
病院に向かった後、寝ている長女を見つめながら
これからの日々のことを考えていた。
長女は、1歳と11ヶ月。
まだまだ赤ちゃんな部分と、しっかりした
子供の部分が入り交じる、扱いにくい
年ごろになっていた。
入院中の長女の世話、仕事を片付けて休暇の取得、
何をどう進めていけばいいのか?
新しい命への期待と不安よりも、
幼い長女のことが心配だったような気がする。
長女は、破水してから3日以上たって、帝王切開で
この世に登場した。
長い長い、陣痛と戦う妻と数日間病院を行き来しながら
つきあった経験から、今回も勝手に長丁場になると
覚悟を決めていたのであった。
うとうととしていると真夜中にいきなり長女が目を覚まし
「ママ、ママ」と母親がいなくなっているのに気づいて
猛然と絶叫して泣き出した。
夜中に母親がいなくなったことはないので
相当不安だったのだろう。
だっこして、歩き回ると寝るくせのある長女も
この時ばかりは、まったく寝る気配をみせなかった。
30分ばかり近所を歩いて
最後には、病院に向かうタクシーに乗り込んだのが1時後半だった記憶がある。
分娩室につくと、看護婦さんがおめでとうございます。
と声をかけてくれた。
ムスメは、ママを見ると泣き止み近くに走りよっていった。その後、驚愕の光景を目にすることになる。
布団をまくると妻の横に、ちっちゃな赤ちゃんがいるのである。
前回は3日以上の死闘を経て、長女の出産に立ち会った私は、勝手に生まれてしまったいた次女:ムスメを見て、とても驚いたのです。

みんなの読んで良かった!