みんなはしないだけ

小さな話ですが、今でも覚えている私の仕事の先輩の言葉を紹介します。





その先輩は、パソコンの処理にとても詳しくて、担当でもないのに他部署から問い合わせが頻繁にくるような人でした。


私が先輩と出張をした出先で、何気なく

「先輩はパソコンの知識があるから、周りから頼られてすごいですね」

と話しました。


そう言ったら先輩は一言こう言いました。




「みんながしないだけだよ」




思いもかけない返事にポカンとしている私に、先輩はこう続けました。





「みんなが聞いてくる質問は、僕が昔少しだけ時間をかけて正解を見つけたことばかりだよ。僕だけが分かることじゃなくて、ちょっと考えれば誰でもできることなんだ。でも、みんなはそのちょっとを自分でやりたがらないから、自分はできないって思い込んでるだけだ。




だからね、どんなことでも楽をするなら、基本をちゃんと知ってないと、足をすくわれるよ。みんなは基本を知らないまま、ただ楽をしたいだけで聞いてきてるだけだから、本当は何も分かってないからね」




私にはこの言葉は響きました。


ただのアドバイスというだけではなく、この先輩が歩んできた仕事のやり方やあり方が、その背景も含めて自分の中で深く納得されました。

腹の底から「んー、なるほどなあ。」と唸るような感じでしたね。



著者のMiyoshi Hirofumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。