ケチ男が全財産の5万円を握りしめて、タイに新婚旅行に行ったおかげで、ビジネスが軌道に乗り始めた話。

1 / 2 ページ

新婚旅行はタイに行こう!!

そう決めて・・・

タイへの新婚旅行の飛行機代・ホテル代を払ったのは、まだ会社に勤めてた頃の5月ごろでした。


その時には、数か月後に起業することは決めていました。


だけど、楽天家の僕は

その頃には、うまく行ってて
贅沢な旅行ができるかもしれない。

なんて、思ってたわけです。


で・・・

実際に新婚旅行に行く前日。12月の最終週の頃。





僕の銀行口座には、0円。

財布の中には、5万円しか入ってませんでした。


とにかくお金がなくて、

体調を崩しても病院も我慢する。

食費も切り詰めてるような状態。


肉屋で一番安い肉を買って

八百屋で一番安い野菜を買う。


カップラーメンは高いから、インスタントラーメンを買う。


そんな生活をしていました。


妻も一緒に起業したので、

同じような状態でした。


上手くいかない理由もわからない。


どこよりも値段を安くして、販売しているのになぜ売れないんだろう??

その謎が解けないままでした。


本音では、新婚旅行をキャンセルしたかった・・・。

旅行に行くくらいだったら、仕事してたかったから・・・。


だけど、

とんでもなく楽しそうな妻の顔。

既に払ってしまって戻ってこない旅費。

を考えると、

「行くしかないな・・・」と思っていました。




もう、テンションも低くて・・・

僕の頭の中にあったのは「これから仕事どうしよう」って不安。


そして・・・

「旅行先でも、なるべくお金使わないように過ごさなきゃ・・・」

という気持ちだけでした。




ホテルは、とんでもないくらいキレイなホテルでした。

食事も、朝、晩ついていました。


よし。これだったら
お金使わずに楽しめる!!

そう思い、大分気持ちが軽くなりました。


だけど、部屋に着いた後の

妻の一言に愕然としました。


明日、朝からオプショナルツアーでスキューバに行こう。
えっ?? それいくらかかるの??
1人1万円だから、2万円だね。
いやいやいやいや、
おれ全財産が5万円しかないよ。
大丈夫だよ。私半分出すし。

ずーーーっとビーチで過ごす予定だった僕には、

進んでお金を使おうとする妻が理解不能でした。


なんとか丸め込もうとしたけど、無理でした。


そして・・・

新婚旅行でスキューバダイビングするのが、私の夢だったの。

という言葉で、僕が折れる形になりました。


結婚して、10か月。

何もしてあげられてない現状。

それどころか、起業してから生活は苦しくなるばかり。


でも、不満も言わずに、いつも「これからこれから。」と言い続けてくれる妻。


「こんな夢くらい叶えないと・・・。」と思えました。



次の日の早朝から、スキューバダイビングに出かけました。


港に迎えに来てくれたスキューバのスタッフの方達は

満面の笑みでした。





正直僕は、

こんな楽な仕事で羨ましいなー

なんて思って、ひがんでました。


僕たちの仕事は、こんなに楽じゃない。
こんなんで、お金もらえるなら良いなー。


と・・・。


実は、すさまじく船酔いの僕。

出発して、すぐに体調が悪くなって、寝っぱなしでした・・・。


ああ、体調悪くなるし・・・
お金もかかるし・・・
やっぱり来なきゃよかった。

「やりたくない。」「お金使いたくない。」

嫌々来てしまった僕は、またそんなネガティブモードに入ってました。


だけど、船酔いで口を開く元気もありません。

みんなの読んで良かった!

他3コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。