SNSストーリー

Facebookを始めたきっかけ。。すごく単純な自分

 私のSNS歴はTwitterが最初です。何か新しいのが始まればとりあえずやってみるのが好きなので、少しビビリながら始めました。なんてことないなと思いながらフォローしたりされたりしていたわけですが、まったく知らない人、又は似たような趣向を持った人たちでつながり始めるとなかなか面白いものがあると感じました。そんなTwitterライフを続けていましたが、そこでFacebookの登場です。もちろん、新しいのが始まったのでやってみよう!感覚で始めたのがきっかけでした。

Facebookの良さを発見! 個人的な感想

 結論先に言っちゃいます。個人的にはFacebookのほうが好きで使いやすいと思っています。
どこが?ということは以下を参照。
 TwitterとFacebookには用途で切り分けることができると思います。Facebookは、情報公開のレベルの選択の幅(全体、友達の友達、友達、カスタム。。)がある。それからなんとなくフォローされることはあまりないという点でよいと思っています。自分とつながりを持ちたいと思っている人だけをお互いの了承の元でつながることができる。これは投稿したことがすべてフォロワーにさらされインターネット上で普通に検索できてしまうTwitterと比べると結構大きなポイント(私にとってはいい意味で)だと思うのです。FacebookでもTwitterのような使い方をすることもできますが、そうでない使い方も選択できるので「幅」があると言ってもよいのではないでしょうか。
 また、プロフィール(出生、学歴、経歴、仕事)を入力することで学校の友達や会社の同僚などとのつながりも見つけやすくなるのでよし!と思うわけです。私の場合、韓国にいる学校の友達ともこれでつながるようになったので特にいい思いをしています。

Facebookの今後。。 言っちゃう?

 これもあくまでも個人的な観測(憶測・・?)です。Facebookもそのものがビジネスをしているわけですから、競争相手がいるわけです。Twitterもそうですし、STORYSも、Mixiもそれぞれ特徴はあるにせよ競争になるわけです。持ち味を出しつつ如何にクライアントに魅力的なサービスを創りつづけ、提供し続けるのかが重要なポイントになりそうです。しかも、世界でウケるものでないと。
あまりまとまりない話でしたが、思いを綴ってみました。

みんなの読んで良かった!