小学6年いじめをした

いじめられてた女の子は俺よりもずっと強かった


小学6年のときクラス中で一人の女子がいじめにあってた。


なぜその女子へのいじめがはじまったのかは わからない。


ただ当時のおれはその子に対してひどい傷を残してしまったことは確かだ。

友達だったSくんはその女の子をすごく嫌っていてひどいあだ名をつけていた。

おれもおもしろがってその女の子にそのあだ名で呼んだり、因縁をつけたりした。

その女の子は机にうなだれて我慢してた。

節分給食で献立に豆がありクラス中でその女の子に豆をぶつけた。


学級会でその女の子のいじめについて話し合いがあり

先生がYさんをいじめてるやつは机に正座しろと言うと全員が机の上に正座した。

担任が一人ずつ全員に話を聞き黒板消しで1発ずつ殴られた。

主犯格のおれとSくんは何発も黒板消しで殴られた。


当時のおれは一時期軽いシカトはくらったことはあるけど、そこまでいじめられた経験がなかったので

その子の気持ちはわからなかった。

今、その子に何をしたのか?と聞かれたとしても、ほとんど覚えていない。

でも、その子はおれの言葉の暴力を覚えているんじゃないかと思う。

おれは、中学でも高校でも社会に出てからもいじめられた経験があって、今その子の辛かった気持ちが

わかるようになった。辛かったよね。本当にごめんなさい。

今ここで謝ってもなんにもならないことはわかってる。

因果応報という言葉があるけど本当だね。自分のしたことはいずれ自分に返ってくる。


高校のころスーパーのバイトをしていたら、その子が買い物に来て商品について聞いてきた。

その時の彼女は明るく堂々としてて、そのとき俺は思わず敬語になってしまい、丁寧な対応で笑顔でその子に応えた。俺なんかよりもずっと強い子だったんだと今思う。





著者の鯛下 文太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。