高校生活で受けたいじめ

楽しい高校生活が一変した


友達もたくさんできて放課後は毎日のように友達と遊んでいた。


俺はその日も同じクラスの友達Sと遊ぶ約束をした。

しかしその約束を忘れてしまい、別のクラスの友達から「親父が冷蔵庫運ぶの手伝って」と頼まれその親父さんには色々とお世話になっていたので、それを引き受けてしまった。

放課後Sに別のクラスのTの家で手伝いすることを告げると、Sはすごく怒ったような表情で舌打ちをして一人で帰ってしまった。

おれはその時「そんなに怒るようなことじゃないか」と心の中で思った。

次の日学校でSがおれのところにきて彼なりのコンタクトをとってきたのだが

おれは前日の態度に少し腹を立ててたところがあってそれを無視した。


そのときの俺は友達もたくさんいるしSはどうでもいいやって感じに考えてたんだと思う。

それからしばらくSと何日か会話のない日が続いた。するとなぜか今まで仲の良かったクラスの友達が

おれのことをシカトするようになった。

おれが仲良かったSはいじめっこグループで他にYとKがいた。

おれはいじめには参加してなかったがYがいじめるのを隣で見ているような奴だった。

そのYがおれをシカトしはじめたので俺は他の仲のいいやつと話をすると次から次へと

仲の良かったやつがおれをシカトするようになっていった。


Yはクラスの中で恐れられてて「俺と仲良くするな」と命令していたらしい。


おれはクラスで仲のいい奴が誰もいなくなってしまった。


ある日、学校に来ると下駄箱が蹴りを入れられたような感じでひしゃげていた。

誰がやったのかをクラスのいじめられてた奴がこっそり教えてくれたが、気の弱い俺は文句も言えずにただ辛い学校生活をすごしていた。


著者の鯛下 文太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。