高校生活で受けたいじめ②

いじめで学校生活は無気力

担任の先生がひしゃげた下駄箱に気づいたらしく俺を音楽室に呼び二人で話をした。

俺は変なプライドがあっていじめられてることを担任に打ち明けることができなかった。

担任は「あの下駄箱見たけど、ひどいことするね。先生は許せないよ」と切り出し

最近YやSとは仲いいの?と俺に話をするようにうながしてくれた。

俺が何もいじめについて話す気がないことを知ると担任はそれ以上なにも聞かなくなった。


二年生になり担任も代わったけど、クラス替えなどなく、おれは相変わらずクラスでシカトを受けてた。

そんなときにクラスの一人がバイク事故で入院した。その入院したwもクラスでは友達が少なく

おれも学校で少し話しをするぐらいだったがwのお見舞いに行った。

クラスでwのお見舞いに行くやつは俺一人だったらしくwが退院してからは、お互いの家に遊びに行くような友達になった。

他にもOと仲良くなりクラスで仲がいい奴ができて、おれはまた徐々に明るさを取り戻すようになっていった。


著者の鯛下 文太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。